人事部きゅうぞうです!

企業人事マンの日々のボヤキによる雑記ブログ。

独身者は妙なレッテルを貼られやすい

こんにちは!

 

○×さんって●●っぽいよね?

   

こんなフレーズよく耳にしませんか?

 

 

 無意識に相手の評価をしてしまっている

 

f:id:kyuzoblog:20170803112403p:plain

Aさんは東大出身だから、仕事がテキパキできそうだ。

Bさんは偏差値低い大学出身だから、仕事ができなそう。

 

このように、ある顕著な特徴に引きずられて評価が歪められてしまうのをハロー効果といいます。

婚活パーティーにおいて、全く人気のなかった男性が、「高年収」や「高学歴」というフレーズだけで一躍人気者になったりします。 

いい評価であればまだしも、悪い評価ともなるとイメージが飛躍しすぎて辛辣極まりないものになりがちです。

 

 頭髪がボサボサ → 不潔だ → 私生活がだらしない → だから結婚できない

 

 

自分で勝手に相手の評価していませんか?

 

採用面接の場においても

私は役員同席のうえ、新卒・中途応募者の採用面接をよくします。 

 

「ネクタイの締め方がいい加減だから、だらしない奴に違いない」

 

「話し方がやたら遅いから、仕事も多分遅いだろう」

 

「あの年齢で独身だから、何か問題があるはずだ」

 

信じられないかもしれませんが、

こんな発言が当たり前のように役員から繰り広げられており、これで採否が決まったりします。

 

独身には厳しい評価

f:id:kyuzoblog:20170803135341j:plain

人生のゴールの一つが「結婚」という風潮があるのか、そのゴールにたどり着いてない人に対しては厳しい評価が多い気がします。。 

 

厳しい評価が飛躍すると、結婚できないのが風俗通いをしているからとか、アニメの女性が好きだとか、マザコンだとか。。。

「っていうのを聞いたよ!」

・・・・というのが会社の給湯室から聞こえてきたり。。。怖いものです。

 

会社の女性に話を聞くと、結婚指輪をしている男性はまともに見える。

との話も。

 

逆に多少なりとも社内で「変人」と思われている人でも、結婚している事で評価が良い方向に傾いたりします。

 

 

私も偶然結婚できたから良いものの、独身でいたら何を言われているかわからないものです。

 

 

 まぁ、歪んだ評価は仕事で見返せばいいんですけどね!

 

 

 

後輩よ、いつ結婚するのだ。。。