人事部きゅうぞうです!

企業人事マンの日々のボヤキによる雑記ブログ。

【GB】ミニゲームボーイの収録ソフト・仕様を予想!初代ゲームボーイもご紹介【商標登録済み?】

f:id:kyuzoblog:20171011221531j:plain

人事部きゅうぞうです。

2017年10月、任天堂がゲームボーイ関連の登録商標を済ませたとのニュースがありました。

いよいよミニゲームボーイ発売か!?とワクワクしているおっさんです。

「ニンテンドークラシックミニゲームボーイ」

って名前になるんでしょうか?

今から楽しみで仕方ありません。

そこで今回は、ミニゲームボーイが発売されると仮定して、収録ソフトを勝手に予想してみたいと思います。

そしてとても気になる仕様も予想してみたいと思います。

 

仕様予想

テレビ出力+携帯機の両方が可能になると予想します。

まず、携帯機として遊ばせてくれないと、ゲームボーイファンは納得しないと思うんです。そしてある程度きれいな映像で遊ばせるため、テレビにも出力できるようにすると思います。

コントローラーを別途1つ同梱してもらって、テレビで2人プレイができるようにしてくれると面白い。

カラーモードと白黒モードの切り替えができたらさらに面白い。

予想収録タイトル20選

ニンテンドークラシックミニのファミリーコンピューター、スーパーファミコンは共に20~30タイトルが収録されています。おそらくミニゲームボーイも同じくらいのボリュームだと予想します。そして1人プレイはもちろん、2人同時プレイができるソフトもある程度収録されるでしょう。。。たぶん。。。

当時ある程度ヒットしたタイトルで、権利関係の都合から、そこそこ名の知れたメーカーのタイトルが収録されるかと思います。

今回は、私なりに考えた20タイトルを発表します。

スーパーマリオランド(任天堂)

ゲームボーイと同時発売されたタイトル。横スクロールのアクションゲーム。

これは間違いなく収録されるでしょう。

スーパーマリオランド

スーパーマリオランド

 

テトリス(任天堂)

地味なゲームながら、国内424万本の大ヒットとなった化け物タイトル。ゲームボーイのソフトの中でも売上1位を記録、間違いなく収録されるかと。

ゲームボーイを持っている人間でこのソフトを未プレイな人はいませんでしたね。

テトリス

テトリス

 

クォース(コナミ)

シューティングゲームなのですが、自機から発射されるブロックを四角に形作って消していくというパズルゲームちっくなシューティングゲーム。単純なゲームだったのですが、むちゃくちゃ楽しかったです。

クォース

クォース

 

レッドアリーマー魔界村伝説(カプコン)

ファミコンで発売されていた「魔界村」の敵キャラであるレッドアリーマーがなんと主人公。アクションRPGなのですが、ほぼアクションゲーム。ミニファミコンで魔界村が収録されていた事もあるし、なかなか面白いゲームだったので収録されそう。

レッドアリーマー魔界村外伝

レッドアリーマー魔界村外伝

 

SDガンダム SD戦国伝 国盗り物語(バンダイ)

相手の拠点を占拠することを目的としてシミュレーションゲームなのですが、バトルは自分でキャラクターを操作する必要があります。

SD 戦国伝 国盗り物語

SD 戦国伝 国盗り物語

 

ボンバーボーイ(ハドソン)

内容はボンバーマンと同じ。ボンバーマンシリーズで初めて対戦モードを搭載した。私の周りでは友達がだれも通信ケーブルを持っておらず対戦は実現しませんでした。。。

ボンバーボーイ

ボンバーボーイ

 

 ツインビーだ!(コナミ)

コナミのシューティングゲームといえば、グラディウスとコレです。ミニファミコンにグラディウスが収録されていたので、そろそろツインビーも入れてあげて!

ツインビーだ!

ツインビーだ!

 

 F1レース(任天堂)

なんと4人同時で遊べるというレースゲーム。ほぼこのF1レース用ともいえる4人用アダプタという物が発売されました。

F1レース

F1レース

 

Sa・Ga2 秘宝伝説(スクウェア)

ファイナルファンタジーでおなじみのスクウェアのRPG。ファイナルファンタジーの外伝的な扱いとなっており、北米版のタイトルは「ファイナル・ファンタジー・レジェンド・ツー」。

経験値という概念がなく、戦闘を重ねていくと強くなっていくシステム。メカ・モンスターは敵を倒すと出てくる「パーツ」や「肉」を吸収する事で強くなっていくのですが、いきなりびっくりするくらい強くなるのが笑える。

ゲームボーイのサガシリーズは3まであるのですが、個人的に一番これが面白かったという理由で選んでみました。

サ・ガ2 秘宝伝説

サ・ガ2 秘宝伝説

 

スーパー桃太郎電鉄(ハドソン)

個人的な収録希望。任天堂さんお願いします。

ゲームボーイウォーズ(任天堂)

戦争シミュレーションゲーム。ゲームボーイの中でも、私がおそらく一番長く遊んだであろうゲーム。内容は既に3年前に発売されていたファミコンウォーズの携帯ゲーム版といったところ。敵のターンになるとトイレ休憩やテレビを見る時間にあてられるほど敵の思考時間が長かったのが印象深いです。なお、このゲーム発売の6年後にゲームボーイウォーズTURBOという思考時間が5倍になったものも発売されました。

是非収録してほしい。

ゲームボーイウォーズ

ゲームボーイウォーズ

 

聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜(スクウェア)

いまやお馴染みとなりましたアクションRPG聖剣伝説の1作目。スマホアプリなどにもリメイクされているので、ゲームボーイ世代ではない人でもやったことある人もいるかもしれませんね。

聖剣伝説ファイナルファンタジー外伝

聖剣伝説ファイナルファンタジー外伝

 

ヨッシーのクッキー(任天堂)

パズルゲーム。画面に表示されているクッキーを全部消すとクリアといった内容。

 

星のカービィー(任天堂)

横スクロールのアクションゲーム。ファミコンミニ、スーパーファミコンミニにも収録されているし、看板キャラクターのようになっているので間違いなく収録されるかと。

星のカービィ

星のカービィ

 

ゼルダの伝説 夢を見る島(任天堂)

携帯機でゼルダが遊べるという事で興奮して、当時やりまくりました。謎解き要素は比較的優しかったと記憶しています。

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説 夢をみる島

 

くにおくんの時代劇だよ全員集合!(テクノス)

くにおくんシリーズの運動会、熱血物語がファミコンミニで収録されていたので、ゲームボーイでも何かしら収録されると予想。このゲームはバトルアクションRPGなのですが、熱血物語の時代劇版となっています。熱血物語よりもアクションが少し派手になっています。

スーパーマリオランド3 ワリオランド(任天堂)

スーパーマリオランドの3作目。なんとワリオが初の主人公。マリオ同様の横スクロールアクションとなっています。

スーパーマリオランド3 ワリオランド

スーパーマリオランド3 ワリオランド

 

マリオのピクロス(任天堂)

イラストロジック、ピクチャーロジックといったパズルゲーム。

マリオのピクロス

マリオのピクロス

 

スーパードンキーコングGB(任天堂)

横スクロールアクションゲーム。ファミコンミニでドンキーコングが収録されているし、任天堂の看板キャラクターになっているので収録されるかと。

スーパードンキーコングGB

スーパードンキーコングGB

 

ポケットモンスター赤or緑(任天堂)

これは敢えて言うまでもなく、収録されそうですね。

ポケットモンスター  緑

ポケットモンスター 緑

 
ポケットモンスター  赤

ポケットモンスター 赤

 

 

いかがでしたでしょうか?任天堂ばかりのタイトルに思いっきり偏ってしまいました・・・。

そもそもゲームボーイってなによ?

ゲームボーイを知らない世代の方も多いと思います。そんな方向けに「ゲームボーイ」のご紹介もしたいと思います。

任天堂の携帯型ゲーム機

ゲームボーイとは1989年に発売された携帯型ゲーム機です。

当時ファミリーコンピューターがゲームの覇権を完全に握っており、そのファミリーコンピューターの発売元である任天堂から携帯型ゲーム機がリリースとのことで、爆発的人気を誇りました。

希望小売価格は12,500円(税込)、当時としては高い金額設定だったため、ある程度「ゲーム」に理解があり、金銭的に余裕のある家庭にしかゲームボーイはなかったと記憶しています。そして、持っている家庭の子供は決まって視力が悪いというのもお決まりでした。

初期型ゲームボーイのご紹介

ゲームボーイは何度かリニューアルされていますが、私の初期型コレクションをご紹介します。

▼外箱

f:id:kyuzoblog:20171012001256j:plain

▼外箱裏面

f:id:kyuzoblog:20171012001407j:plain

▼発泡スチロールの内箱

f:id:kyuzoblog:20171012001416j:plain

▼蓋をあけるとこのような感じです。(新品ではありません)

f:id:kyuzoblog:20171012001420j:plain

▼中身はこのような感じ

f:id:kyuzoblog:20171012001551j:plain

▼厚みがありズッシリとした存在感があります

f:id:kyuzoblog:20171012001903j:plain

▼背面はカートリッジを指す部分と、電池を入れる箇所があります

f:id:kyuzoblog:20171012002529j:plain

単3電池4本を使い、電池が比較的すぐ無くなるもんですから、電池を買うお小遣いに困ったものです。そりゃ充電式アダプター売れますよ。

▼カートリッジはこのように挿し込みます

f:id:kyuzoblog:20171012003215j:plain

起動画面

ゲームボーイのスイッチを入れると、ピコーン!という電子音と共に「Nintendo」と表示されゲームが始まります。

f:id:kyuzoblog:20171012002924j:plain

BATTERYの赤いランプですが、電池がなくなってくると色が薄くなってきます。電池が切れるときは、いきなり容赦なくブツっと切れます。

コントラストが調整可能

側面に画面のコントラストを調整できるボリュームが付いています。

f:id:kyuzoblog:20171012002036j:plain

いじってみてどれくらい変わるのでしょうか。

▼コントラスト最小

f:id:kyuzoblog:20171012002141j:plain

▼コントラスト最大

f:id:kyuzoblog:20171012002143j:plain

▼コントラスト中間

f:id:kyuzoblog:20171012002145j:plain

 

あとがき

いかがでしたでしょうか?

こっそりゲームボーイをコレクションしていたおっさんにとって、ミニゲームボーイは待ち遠しくてたまりません。

▼任天堂のソフトに限って少しだけコレクションしています

f:id:kyuzoblog:20171012003515j:plain

タイトルはもちろん、どのような仕様になるのかも楽しみです。

まぁ、そもそもミニゲームボーイというのは本当に発売するのでしょうか?

 

それでは!

こんな記事もいかがですか?

www.kyuzoblog.com

www.kyuzoblog.com