人事部きゅうぞうです!

企業人事マンの日々のボヤキによる雑記ブログ。

【就活】人事の視点から語る、通過しやすいエントリーシートの内容とは?

f:id:kyuzoblog:20170808104640j:plain

人事部きゅうぞうです。

就職活動での第一関門は何と言ってもエントリーシート。それが通過しないと面接試験を受けられないわけですから、特に力を入れるべきところだったりします。

近年ではエントリーシート無しの企業も増えています。しかし、応募者が集まりやすい人気企業は振るい落としの為、ほとんどの企業でエントリーシートの提出を求められます。

言ってしまえば、人気企業に入りたい人こそエントリーシートに力を入れるべきなんです。

※中にはESは形なだけで、全員通過の企業もあります

今回は人事の私なりに考える、通過しやすいエントリーシートについて考えたいと思います。

 

通過しやすいエントリーシートの誤解

エントリーシートについては、数多くの就活本が出回っております。

中には書いてある事がめちゃくちゃだったりして、これ本当かよ!?って情報もあったりします。

エントリーシート通過の後押しにならないものをまとめてみます。

色付き文字、太文字で強調する(手書き)

自己PR
~何事にも屈しない忍耐力
私は4年間のアルバイトで2つの事を学びました。

これ、あんまり意味はないです。

内容さえしっかり書いてさえすれば、このような装飾は不要です。エントリーシートは懸賞ハガキのように目立たなくて良いんです。

空白無くとにかく文字で埋める

よくあるパターンが、無理に枠を埋めて内容が滅茶苦茶。

とにかくバランスが大切

エントリーシートはとにかくバランスが大切です。

バランスというのは、言うなれば「デザイン」です。

少ない文字数で要点がまとまっていた方が印象が良いです。細かい字で枠内をギッシリ埋める必要はありません。

人事担当者にとって、エントリーシートって読むの面倒ですからね。

数千通もあるエントリーシートを読み込むのって、不可能だと思いませんか?

勉強中です

保有資格欄に「日商簿記2級取得に向け勉強中です」。

これもあまり意味がありません。

取得したならまだしも、勉強中なんて誰でも書けますからね。書いたところで印象が悪くはなりませんが、書いたところで加点されません。

通過しやすいエントリーシートとは

f:id:kyuzoblog:20170908160818p:plain

まず前提として、書類選考の段階でエントリーシートはじっくり読み込まれないです。数百、数千のエントリーシートを細かく読んでいる暇は人事にはありません。

ただ、いい加減に書いてはいけません。面接資料として使われますからね。

では、通過しやすいエントリーシートとは、どんなエントリーシートなんでしょうか?

字はきれいに、写真は明るくさわやかに

手書きのエントリーシートは、内容はもちろん、エントリーシートの全体バランスや写真の印象だけで通過可否が変わってくる場合があります。

字はきれいに、写真はできるだけ明るくさわやかに!

就職は3秒で決まる。―面接官が採用する「3秒ルール」とは?

就職は3秒で決まる。―面接官が採用する「3秒ルール」とは?

 

質問に対して辻褄が合った回答をしている

例えば、「好きな色はなんですか?」という質問があったとします。ESでは以下のようなタイプの回答がとても多かったりします。

好きな色はなんですか?
「私は人と誠実なコミュニケーションが取れる人間です!・・・(略)・・・貴社でもそのコミュニケーション力を活かし・・・」

 

嘘だと思うかもしれませんが、本当にこういった辻褄が合わない内容を書いてくる学生は多いんです。回答する事だけに頭が回ってしまっていて、質問の意図を忘れているパターンです。

人事担当者、あるいはアウトソーシングの会社が添削しているかもしれませんが、エントリーシートを丁寧に読み込むのって不可能に近いです。

パッと見て、質問に対しての回答があっているか?これだけ見ているパターンもあります。

内容なんて、後で面接で聞けばいい事ですからね。

自己中心、自己満足的なアピールをしない

バックパック1つで海外1人旅・・・行動力がある

バイトで接客を・・・コミュ力は負けません

学生がアピールする内容は第三者からの評価ではないので、自己満足的な内容になりがちです。

ただの自己満足的PRだけでは、「あ、そう」で終わってしまいます。

ウザいエントリーシートにならないようにしたいですね。

企業が求める学生像や会社方針、業界動向などを意識して、自己PRは付け加える程度に書き、あなたが入社する事でのメリットを強く訴えていきましょう。

まとめ

◎手書きのエントリーシートの場合は、とにかくバランス重視

◎WEBのエントリーシートの場合は、質問に対しての回答を正確に

エントリーシートの内容を中心とした面接をしてくる会社もあるので、コピーは絶対取っておくことおすすめします。

無駄にカッコよさとかウケを狙わず、自分の言葉・思いで、質問に正確に答えるだけでも通過率は変わってくると思います。

ぜひがんばってくださいね!