人事部きゅうぞうです!

企業人事マンの日々のボヤキによる雑記ブログ。

【購入レビュー】最強のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」を買ってみた

[f:id:kyuzoblog:20180521221752j:plain

レトロゲーム大好き、人事部きゅうぞうでございます。

便利・すごいと噂の「レトロフリーク」というレトロゲーム互換機を入手しましたので、私なりのレビュー記事をお届けいたします。

レトロフリークとは

なんとレトロフリーク1台で11種類のゲームソフトに対応。すごいのがゲームソフトを差し込むとゲームソフトをインストールしてくれ、それ以後はゲームソフトを差し込まなくても遊ぶことが可能となります。

f:id:kyuzoblog:20180521222043j:plain

レトロフリークではHDMI出力なので、高画質・高音質でゲームが楽しめます。

またゲームカセットのほとんどにはボタン電池が内蔵されており、電池が切れた状態だと「セーブ」ができないのですが、このレトロフリークには電池切れのゲームでもセーブが可能となっております。

これは便利ですね。

f:id:kyuzoblog:20180521222317j:plain

レトロフリーク ご紹介

私が購入したレトロフリークは一番ベーシックなもの。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機)

レトロフリーク (レトロゲーム互換機)

 

後述しますが、コントローラーアダプターセットという物も発売されており、こちらを買えばよかったかな・・・と後悔しております。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

 

中に入っていたものは、「レトロフリーク本体」「コントローラー1個」「HDMIケーブル」「電源アダプター」の4点。 

f:id:kyuzoblog:20180521222831j:plain

どうやらこの小さいボックスのようなものが本体で、カセットを差し込む方は「カートリッジアダプター」というようです。

f:id:kyuzoblog:20180521223814j:plain

付属のコントローラーはUSB接続のタイプで、市販のUSBコントローラーでも遊べるようです。

f:id:kyuzoblog:20180521224219j:plain

レトロフリークでゲームを遊ぶ準備

レトロフリークでゲームをするために以下の3点を購入しました。

f:id:kyuzoblog:20180521224615j:plain

microSDカード

まずゲームをインストールするには「microSD」が必要となります。

レトロフリークには対応しているmicriSDカードの容量が決まっておりますので注意しましょう。

下記のmicroSDカードに対応しています。

  • microSD:256MB~2GB
  • microSDHC:4GB~32GB

※microSDXCは非対応です

http://www.cybergadget.co.jp/support/retrofreak/trouble/7107/7977.html

無水エタノール

カセットの端子部を掃除するために「無水エタノール」を使用します。水分がある程度含まれている「消毒用エタノール」では端子が錆びてしまう恐れがあるため、無水エタノールの使用をおすすめします。 

f:id:kyuzoblog:20180521225546j:plain

綿棒などに無水エタノールを染み込ませ、端子を優しくこすって掃除していきます。強くこすり過ぎると、綿棒の毛が抜けて端子に付着してしまいますので注意しましょう。

f:id:kyuzoblog:20180521230020j:plain

綿棒が真っ黒・・・・。

f:id:kyuzoblog:20180521230202j:plain

無水エタノールはドラッグストアで簡単に入手することができます。ゲームの端子だけではなく色々な掃除に活用できるので大きい容量での購入がおすすめ。端子の清掃だけであれば少量で十分です。 

無水エタノールP 500ml

無水エタノールP 500ml

 
レトロゲーム復活剤(接点復活剤) 

レトロゲーム復活剤という物も購入しました。調べてみると「接点復活剤」という物らしいです。

f:id:kyuzoblog:20180521230951j:plain

接点復活剤(せってんふっかつざい)は、電気的な開閉器(いわゆるスイッチ)やコネクタ等のうち、特に電子機器のようないわゆる弱電を扱うものの金属接点の防錆と潤滑、洗浄と良好な状態の継続を目的とした薬剤(いわゆる「ケミカル」)である。

接点復活剤 - Wikipedia

▼なかなか読み込まないソフト・・・

f:id:kyuzoblog:20180521231147j:plain

読み込み不良なソフトにレトロゲーム復活剤を塗ってみる。

f:id:kyuzoblog:20180521231230j:plain

f:id:kyuzoblog:20180521231323j:plain

読み込みに成功!!

f:id:kyuzoblog:20180521231345j:plain

子供の頃によくやっていた「フーフー」と息を吹きかけるよりは、安全で高い確率で起動できると思います。 

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml

 
レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)

レトロゲーム復活剤 (ゲームカセット用)

 

レトロフリークを実際に遊んでみる

スーパーマリオブラザーズをプレイ。さすがはHDMI、とにかく画質と音がビックリするほどキレイ。ゲームをしていて遅延を感じることは無く普通に楽しめました。

f:id:kyuzoblog:20180521233015j:plain

驚いたのが、カセットを差し込みインストールすると、タイトル名・発売元・発売日が自動で表示されました。(赤枠部

インストールしたゲームは機種ごとに分けられ、メーカー・発売日・50音順でソートすることができます。これはすばらしい!!

f:id:kyuzoblog:20180521233919j:plain

レアゲームも認識されるのか?

レアゲームも「タイトル名・メーカー・発売日」が表示されるのでしょうか。やってみることにしました。

ドンキーコングJR. JR.算数レッスン(SHARP)

昔ファミコン内蔵テレビという物がシャープから発売されていて、そこに同梱されていたソフト。

普通に読み込んじゃいました・・・。

f:id:kyuzoblog:20180521234656j:plain

Kung Fu(任天堂)

タイトルこそ違いますが「スパルタンX」と同内容のゲーム。箱説はともに日本語表記で日本製。真相はわかりませんが、権利関係で「KungFu」という名前になったとか・・・。

これは認識されませんでした。

f:id:kyuzoblog:20180521234915j:plain

パンチアウト ゴールドカセット(任天堂)

ディスクシステムの「ゴルフトーナメントUSコース」の賞品として、上位プレイヤーと抽選で合計10000人に配布されたものです。

通常のパンチアウトとは異なって認識されたのですが、タイトル名・メーカー・発売日が全く一緒・・・。画像の下のパンチアウトがゴールドの方です。

f:id:kyuzoblog:20180521235223j:plain

グラディウス アルキメンデス編

昔販売されていた大塚食品のインスタント食品「アルキメンデス」という商品とのタイアップソフト。懸賞で4,000名にプレゼントされたもの。パワーアップカプセルが「アルキメンデス」になっている以外は全て内容は同じ。

f:id:kyuzoblog:20180522233600j:plain

普通に「グラディウス」として読み込まれました・・・。プレイすると「アルキメンデス編」でしたが。

タッグチームプロレスリング スペシャル(ナムコ)

600本限定でプレゼントされた非売品ソフト。これはどうでしょうか。

f:id:kyuzoblog:20180521234549j:plain

発売日こそ「不明」になっていますが、ゲーム名・メーカーが表示されているのはすごい。

f:id:kyuzoblog:20180521234553j:plain

ゲームボーイはどう画面に表示されるのか?

初代のゲームボーイはカラーではなく白黒でした。さてレトロフリークではどう表現されるのでしょうか。スーパーマリオランドを遊んでみたいと思います。

f:id:kyuzoblog:20180521235958j:plain

本来このゲームは白黒のゲームなのですが、ほんのり色付いています。ゲームボーイカラー本体で遊んでいるかのような感覚です。ゲームボーイ本体で遊んでいた時は、スクロールすると画面に残像が残ったりするのですが、そのような事が全くなく快適に遊べました。

f:id:kyuzoblog:20180522000004j:plain

買えばよかった?コントローラーアダプター 

ハイパーオリンピックというファミコンソフトをご存知でしょうか?

f:id:kyuzoblog:20180522000446j:plain

このハイパーショットという周辺機器を使用しないと遊べないのですが、当然ながらファミコン時代の周辺機器は「USB接続」ではありませんので接続する事ができません。レトロフリークのコントローラーアダプターがないと接続ができないようです。

f:id:kyuzoblog:20180522000512j:plain

ファミコン時代には色々な周辺機器が発売されたのですが、それもアダプターがないと遊ぶことができません・・・。

f:id:kyuzoblog:20180522000832j:plain

また後日購入して検証してみたいと思います。  

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

 

ディスクシステムは遊べるの?

大量のディスクシステムコレクションをレトロフリークで遊んでご自身で

f:id:kyuzoblog:20180522001319j:plain

色々調べてみると遊べることがわかりました。

※私自身仕組みにそこまで詳しくなく、確固たる情報が書けませんので気になる方はご自身で調べてみてください

▼ディスクシステムをレトロフリークにセットするところから始め、試行錯誤しながらなんとかインストールできました。

f:id:kyuzoblog:20180522001527j:plain

私のやり方が悪かったのか、タイトル名・発売元・発売日がキレイに表示してくれませんでした。

f:id:kyuzoblog:20180522001711p:plain

ゲームを起動すると、ディスクシステムでお馴染みの起動画面が表示されました。

f:id:kyuzoblog:20180522001829p:plain

f:id:kyuzoblog:20180522001832p:plain

ゼルダの伝説をセットすると「Bメンヲ セットシテクダサイ」の文字が・・・。え・・・ディスクの切り替えってどうするのよ・・・。

f:id:kyuzoblog:20180522001919p:plain

なんとレトロフリークのオプション設定(ショートカット設定)を見てみると、「ディスク サイド切替」の表示が!!・・・とすると、ディスクシステムがレトロフリークで遊べるのは最初から想定済みなのでしょうか?

f:id:kyuzoblog:20180522002021p:plain

このおかげで、ディスクA面B面の切り替えができ普通の遊ぶことができました。

f:id:kyuzoblog:20180522002220p:plain

あとがき

レトロフリークを正直なめていました。本当に買って良かったです。私なりのレトロフリークの良い点、悪い点を最後にまとめてみます。

レトロフリークの良い点 (メリット)

1.1台で多くのレトロゲームが遊べるので、準備と片付けが楽

2.HDMI接続で、画像と音がとにかくキレイ

3.ゲームをインストールしている作業がとても楽しい

4.いつでもセーブができる(電池交換が不要)

5.倍速やチートコードが使える

6.各ハードを買う必要が無く、お金がかからない

7.スクリーンショットがいつでも撮れる

レトロフリークの悪い点(デメリット)

1.レトロゲームで遊んでいる感が無い(懐かしさが感じにくい)

2.インストールできない、遊べないタイトルが一部ある

3.お金がかかる(レトロゲームソフトがもっと欲しくなる)

 

 

レトロフリークはとても良いハードだと思いました。しばらく楽しく遊べそうです。

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)

レトロフリーク (レトロゲーム互換機) (コントローラーアダプターセット)