人事部きゅうぞうです!

企業人事マンの日々のボヤキによる雑記ブログ。

【人事のつぶやき】新卒が3年以内で会社を辞めてはいけないの?【転職】

f:id:kyuzoblog:20180717170416j:plain

人事部きゅうぞうです。私は現役人事マンですが、毎年のように若手社員から以下のような相談を受けます。

新卒で3年以内に辞めてはいけないんですか?

新卒で入社した会社には最低でも3年在籍していないと「会社を辞めても次の仕事は見つからない」「次の会社で採用されにくい」という事なのですが、いつの間にやら社会の常識として認知されるようになりました。

でも果たしてこれは本当なのでしょうか?なぜ3年在籍していないといけないのでしょうか?

この記事ではその「3年」について考えてみたいと思います。

3年以内で会社は辞めない方が良い

結論から申し上げますが、よっぽどな事が無い限りは3年以内で会社を辞める事はおすすめできません。ニートになる、フリーターになる、独立するといった方は辞めても良いと思いますが、会社勤めをこれからもしていく方にはおすすめできません。

なぜ辞めるべきではないのかを簡単にまとめてみます。

1.今(現職)よりも環境悪化の可能性がある

3年以内に会社を辞めるという事は、何かしらの不満があっての事だと思います。

・給与が低い

・仕事内容が合わない、つまらない

・嫌な上司、先輩がいる

・労働環境が劣悪

若手社員の抱える不満は上記がほとんどだと思います。その不満を解消するために新しい職場へ転職するわけですが、新しい職場環境の方が今より悪くなる可能性がある事を注意しなければなりません。

そもそも労働条件・環境がパーフェクトな会社は、まず社員が辞めません。社員が辞めないという事は、当然ながら中途社員の募集をしていませんので、中途入社がほぼ不可能です。

2.転職活動の苦戦が予想される

人事マンの立場から言わせてもらうと、新卒入社の経験3年未満の人は受け入れたくありません。採用してもすぐ辞めてしまうかもしれませんし、ほとんど新卒(未経験)と変わりありませんので、次年度の新卒採用を待った方が賢明です。

普通の会社であれば、中途社員には即戦力のスキル・経験を期待していますので、未経験同然の人を中途採用する意味がないんです。

転職市場ではスキル・経験がとにかく重要です。

3.転職グセがついてしまう

短期間で退職・転職をしてしまうと、嫌な事があればまた辞めればよいという転職グセがついてしまいます。短期間で転職を繰り返してしまうと、転職先の選択肢はどんどん少なくなってきます。

4.新卒でしか入れない会社もある

中途採用をしないで、新卒しか採用しない会社も存在します。もしあなたの会社がそうだったとしたら、会社を辞めるのは本当にもったいない事です。辞めてしまったら、二度とそのような会社には入社することはできないわけですから。

5.4年目以降から仕事(会社)が楽しくなってくる説

仕事がつまらないと思っている方、4年目以降から重要な仕事が与えられて楽しくなってくるかもしれませんよ。役職だって与えられるかもしれません。

給料も4年目以降から急上昇するかもしれません。

嫌な上司・先輩が他部署へ異動になるかもしれません。

「石の上にも3年」という言葉がありますが、さすがに3年も経つと仕事に慣れて違った世界が見えてくるでしょう。また周囲の環境もさすがに3年も経てば、かなり変わってくるはずです。

それでもどうしても辞めたい場合

顔も合わせたくない上司・先輩が居て、今すぐにでも辞めたい・・・そんな方もいらっしゃると思います。そういった方に「3年我慢」というのは無理だと思います。3年経たずして体調を崩してしまうでしょう。

自分の体調的に緊急を要す場合であれば、思い切って退職をするか、会社と相談をして休職という選択肢も良いと思います。ほとんどの会社でストレスチェックが義務化されている背景を考えると、どこの会社でも就業規則に「休職」の規程を盛り込んでいるかと思います。または異動を申し出るのも良いかもしれませんね。

あとがき

長く続けていた方が絶対に良いのですが、何が何でも会社を3年以上在籍する必要はありません。自分の体の事を第一に考えるべきです。体を悪くしてしまっては元も子もないですからね。

転職は慎重に!