人事のつぶやき

【Q&A】就活での人事の本音を聞きたい!にお答えします

人事部きゅうぞうです。

今日は学生が人事に聞きたい質問に答えていきたいと思います!

なお、質問は就活を終えたばかりの内定者からいただきました。

就活での人事の本音を聞きたい!にお答えします

就活中は企業人事にぶっちゃけた質問がなかなかできないものです。

この記事では私と、ある程度のリレーションが構築できた内定者から質問をいただきました。

面接での緊張について

いつも緊張してしまって、面接で自分を出せずにいます・・・どうしたらいいですか。
きゅうぞう
きゅうぞう
面接という雰囲気に慣れるのが一番の近道だと思いますよ。また、自己分析でしっかりと自分を理解すれば、面接は怖くなくなります。だって質問はあなたの事について聞くのですから。私は、緊張を和らげるよう面接の流れを作ってあげますけどね。

面接からくる緊張は、ほぼ初対面の人に「何を聞かれるかわからない」「うまく答えられるか?」という不安から緊張してしまうものです。

家族や友人との面接の練習では、緊張しないですよね?

聞いてはいけない逆質問はあるの?

面接の時に学生から聞いてはいけない質問ってあるんですか?

きゅうぞう
きゅうぞう
休日、福利厚生や待遇面などのワークライフバランス系は印象が悪くなりますよ。

どうしてなのでしょうか?

きゅうぞう
きゅうぞう
例えば、一流のプロスポーツ選手にとっての「休日や待遇」は目的ではありません。一流のビジネスマンも同じような感覚の人が多いです。

このワークライフバランス系の質問は、企業の役員からは特に印象が悪いです。

そういった条件が気になる方は、口コミサイトにでも確認してくださいな。

第一印象が悪い学生の共通点

面接開始早々、こいつはダメだって感じる学生はいますか?

きゅうぞう
きゅうぞう
人それぞれデッドラインがあると思うんだけど、私はネクタイをしっかり絞めてこない学生が嫌いです。他社人事でもこれが嫌いな人結構多いですよ。

だらしなくないですか?

面接という場を油断しすぎな印象を受けてしまいます。

直前で身なりを整えなさいって。

営業職なら即アウトじゃないですか?鍛えていて首が太いのは許しますけど。

第一印象が良い学生の共通点

逆に絶対に採用したくなるタイプの学生はいるんですか?

きゅうぞう
きゅうぞう
印象が良い人かな?

表情・雰囲気・話し方など印象が良ければ誰だって採用になります。

話している内容なんてあまり関係ありません。

見た目の採用について

イケメン採用、美人採用ってありますか?

きゅうぞう
きゅうぞう
顔採用ですか。。。うちでは一切ありませんが、している会社ありますよね。そういった会社って採用HPや採用媒体でなんとなくわかりませんか?

どうしてもそういった会社に入りたいのであれば、身だしなみには気をつけたいですね。

圧迫面接ってあるのか?

圧迫面接ってする事あるんですか?

きゅうぞう
きゅうぞう
100%しません。相手の話を引き出そうと私たちはがんばっています!
きゅうぞう
きゅうぞう
ただ企業によっては、無理難題な質問を投げつけて、とっさの反応力を見ている企業もありますが。

優秀な学生を採用できなくなるチャンスロスは人事としては避けたいところ。
必要以上に高圧的な面接をしてくる会社には入らない方がいいと思います。入社後痛い目を見ますよ。

逆質問で逆転ホームランは可能か?

面接の最後の質問で逆転ってできるものですか?

きゅうぞう
きゅうぞう
良い方に逆転するケースはほぼないと思います。それで逆転できるなら、今までの面接の時間はなんだったの?と。逆に悪い方に逆転するケースは多いですよ。
え?そんな事ってあるんですか・・・悪い方に逆転するケースってどんな事ですか?

きゅうぞう
きゅうぞう
先ず、就活本の誤解だけど、最後の質問をしないからって不採用になるってあまり無いんじゃないかな。
きゅうぞう
きゅうぞう
すごく優秀な学生で、質問がなかったからって意欲がないとか烙印押しちゃう人事ってよっぽど人を見る目ないんじゃないかな?強いて言うと、さっきの質問にもあったワークライフバランス系の質問かな?悪い方に転ぶのは。

もちろん質問をした方が、企業に本気度が伝わると思いますが、無理してよくわからない質問をするんだったら、しなくていいんじゃないですか?

【新卒】就活面接の効果的な逆質問集をまとめてみました【最終面接は?】 人事部きゅうぞうです。 就活の面接試験で重要とされる逆質問について記事にしてみました。 この記事では、就活の...

何回も面接をする意味は?

なんで何回も面接するんですか?

きゅうぞう
きゅうぞう

これは色々な理由があります。

1.様々なタイプの社員に合わせる事でのカルチャーフィット

2.前に行った面接の内容確認

3.振るい落とし

4.各部門長に合わせてどの部署にハマるかの確認

5.単純接触を増やすことでのファン化

6.ハードルを高くすることで、手に入った時の喜びの演出(希少性の原理)

あとがき

いかがでしたでしょうか。日本の就職活動の構造って本当にクソだと思っています。

悪い会社の面接だと、クイズ大会のような面接をしてくる会社もあります。

よくわからん質問を学生に投げかけて、響いた答えを言ったら内定!

こんな面接をしちゃう会社はいっぱいあります・・・。