人事のつぶやき

就活エージェントを利用しない方が良い理由【メリットとデメリットを解説】

人事部きゅうぞうです。

この記事では就職活動において就活エージェントは利用しない方が良い理由をお届けいたします。

きゅうぞう
きゅうぞう
 私は「就活エージェント」は学生にとってデメリットが多いと思い、利用しない方が良いと思っております。

しかしデメリットばかりではなくメリットも一応ありますので、この記事では就活エージェント利用のメリットとデメリットを私なりに解説していきます。

就活エージェントは利用しない方が良い理由【メリットとデメリットを解説】

まず、そもそも「就活エージェント」というビジネスモデルを知っておく必要があります。

学生の登録は基本的に無料がほとんどです。

ではどうやって儲けているかというと、就活エージェントに学生紹介を依頼している企業(クライアント)からお金をもらって儲けています。

学生1名をクライアント企業へ紹介し、内定承諾まで持っていくことができれば約100万の紹介料が支払われるのが一般的です。

就活エージェントは利用しない方が良い理由【デメリット】

就活エージェントを利用しない方が良い理由としては下記が挙げられます。

就職活動の専門家というわけではない/デメリット

就活のコンサルタントを名乗っている人たちは、(一部を除いて)特別な訓練を受けているわけでもなく、キャリアコンサルタントやカウンセリングの知識・技術を持ち合わせていない場合がほとんどです。

そのため「自己分析の方法・ESの書き方・面接対策など」自分自身の経験だけでアドバイスをしてくる人がほとんどで、学生の抱える問題・課題にしっかり答えられる担当者は多くないのが実情です。

就活コンサルタントは営業マン/デメリット

少し突っ込んだ言い方をしてしまうと、彼ら就活コンサルタントの仕事というのは要は「営業」なんです。
実は彼らは以下のような数字目標が課せられています。

面談数 → 求人紹介数 → 面接設定数 → 内定数 → 内定承諾者数

すべての就活コンサルタントが当てはまっているわけではありませんが、正直学生の就活の悩みとかはどうでもよくて、自分の担当する学生をいかにクライアント企業の内定承諾まで持っていくかばかりを考えている担当者が多いです。

基本的に流れ作業/デメリット

受け入れ企業側の視点で申し上げると、就活エージェントから学生詳細情報を伝えてくれるケースはほとんどありません。

基本的には名前・学校名・部活(サークル)といった履歴書・ESでもわかる基本情報だけを伝えてくれて、説明会や面接に学生を「流す」だけです。

しつこく連絡がくる/デメリット

「紹介した会社の説明会に行きませんか?」

「面接に行きませんか?」

・・・などの電話・LINE・メールでしつこく連絡が来るケースが多々あります。

また就活エージェントによっては、ゴリ押しで行きたくもない企業の応募を促してくる場合もあります。

マイペースに就活をしていきたい人にとっては、大変ですよね。

きゅうぞう
きゅうぞう
対応が大変に感じたら、その思いを相手にしっかり伝えた方が良いですよ。 

紹介される企業は限定される/デメリット

就活エージェントから紹介される企業は、原則的に就活エージェントのクライアント企業となります。

誰でも知っている超有名企業に対して、就活エージェントがプッシュしてくれるわけではありません。

基本的に「新卒学生を紹介してほしい!」と就活エージェントに依頼をした企業しか紹介されません。

就活エージェントを利用した方が良い理由【メリット】

就活エージェントの利用はデメリットばかりが目立ってしまいますが、学生にとってのメリットはもちろんあります。

登録無料/メリット

就活エージェントへの登録には基本的にお金がかかりませんので、学生側からしたらリスクが低いのは大きなメリットと言えるでしょう。

登録面談は対面で行われることが多く、面談場所は就活エージェント企業内で行われる事が多いです。なお面談場所までの交通費は自己負担ですので気を付けましょう。

学生が遠方に住んでいたりと諸事情で、WEB面談を行う就活エージェントもあります。

話を聞いてくれる/メリット

とにかく誰でもいいから私の話を聞いて!

という人には就活エージェントはおすすめです。

面談時間は各就活エージェントにより異なりますが、30分~60分が一般的で基本1対1で行われます。

とにかくどこでもいいから内定が欲しい/メリット

求人企業によってはナビサイトを使わず、就活エージェントだけで採用活動をしている会社も存在します。

そういった企業に応募すると高確率で内定がもらえる場合があります。

就活エージェントとしてはなんとしてでも企業からの紹介料をGETしたいので、応募先企業に学生を強烈にプッシュしてくれます。

とにかく内定が欲しかったり、就職活動を早く終わらせたかったりという希望がある方には、就活エージェントの利用はおすすめです。

・・・でも、なぜナビサイトを使わないの企業があるのでしょうか?

まず仮にナビサイトで学生を募集するとなると、初期投資で数百万円がかかってしまうのですが、サイト特性上知名度のない企業は学生のエントリーが集まり辛いという現実があります。

つまり数百万円をかけてナビサイトに求人掲載しても、1人も学生が採用できないといった事態が起きる可能性があり、リスクを回避するためにナビサイトの利用を控えているんです。
そのため、就活エージェントだけで採用活動をしている会社があるわけです。

ESや履歴書の添削、面接指導をしてくれる/メリット

就活エージェントとしては、学生を是が非でも内定まで持っていきたいのが本音です。

就活エージェントによっては、紹介先企業の書類選考や面接のポイントといった情報を持っている場合があり、書類選考や面接で落ちないために真剣に対策してくれると思います。

就活は何を利用するのが正解?

私個人としては、就活エージェントに完全に依存してしまうのは、自分の人生を人に任せている行為と変わらないので、就活エージェントはできるだけ控えるほうが良いと思います。

就活エージェントを使わないとなると、以下がおすすめです。

ナビサイト

私は以下サイトを抑えておけばOKだと思います。

1.マイナビ

2.リクナビ

スカウトサイト

スカウトサイトとは、自分のプロフィールをサイトに登録しておくと、企業担当者(経営者や人事)が直接学生にスカウトをしてくれるサービスです。

1.OfferBox

2.キミスカ

まとめ

就活エージェントはもちろんメリットはありますが、デメリットの方が多い気がします。

就職活動は一生に一回のことなので、自分でしっかり考えて行動することをおすすめします。
後悔のない良い就職活動が送れるようがんばってくださいね!