レビュー・感想

【激レアエナジー?】大正製薬NEW RAIZINを飲んでみた

人事部きゅうぞうです。

製薬メーカーで超有名なワシのマークでおなじみの大正製薬。

ファイト一発でおなじみのリポビタンDの大正製薬のエナジードリンク「RAIZIN」をこの記事ではご紹介いたします。

以前大正製薬から発売されたRAIZINを本ブログにて取り上げたことがあるのですが、とても良い反響をいただきました。

https://www.kyuzoblog.com/entry/2017-10-09-070000

・・・というのも、この大正製薬の「RAIZIN」ですが、なかなか売っているお店を見なかったりするわけです。

googleの検索結果の関連キーワード

「ライジン 売ってない」といった関連検索キーワードが出るレベル。

・・・という事で、今回リニューアルされました大正製薬の「RAIZIN」をご紹介したいと思います。

【激レアエナジー?】大正製薬NEW RAIZINを飲んでみた

RAIZIN FRUITY THUNDER

まずはRAIZIN FRUITY THUNDER(フルーティーサンダー)を飲んでみたいと思います。

商品裏面

 

なんとカロリーオフでカフェインフリー。

エナジードリンクはどうしてもカロリーが高めなイメージがあり、抵抗感がありますが、このRAIZINはゼロカロリーなので罪悪感無しで飲めそうですね。

グラスに注いでみると、ドリンクの色が茶褐色で泡立ちが良いこともあり一瞬ビールか!?と思わせる印象。

時間が経つにつれて泡は弱まりましたが、なかなか消える事がない存在感がある泡です。

飲んでみると、意外にも飲み口穏やかな微炭酸。

エナジードリンク特有のフルーティな甘みがガツンと口いっぱいに広がるのですが、ゼロカロリーというだけあってか口がベタベタとするような事がありません。

ただ、炭酸は穏やかで甘さもどこか中途半端な印象があり、エナジードリンクというよりは栄養ドリンク+炭酸という印象があります。ジュースというよりは薬物的テイストなので、これから気合を入れたいという方にはピッタリのドリンクかもしれません。

ショウガが入っているようでしたが、そこまでショウガ風味は感じられませんでした。

RAIZIN HARD GINGER

燃えるような真っ赤なデザインで、まさにハードジンジャーそのものというパッケージデザインです。

「HARD」というのが怖すぎます・・・。

商品裏面

 

フルーティーサンダー同様に、カロリー・カフェインともにフリーとなっております。

グラスに注いでみると、シュワっと激しい音を立てながら、濃いショウガの強烈な香りが立ち込めてきます。

ドリンクの色は麦茶のような茶褐色。

飲んでみると、まさにハードジンジャーという名を裏切らない、ショウガの辛さや熱さが口いっぱいに広がる強烈な味わい。それでいながら後味はけっこうスッキリしています。

飲み口はエナジードリンクと言うよりは、リポビタンDを連想されるような栄養ドリンク系の味にプラスして炭酸を付け加えたような感じです。

飲んでいると周囲にショウガのニオイが広がることになりますので、飲む場所は開放的な空間が望ましいと思います。

ドライブでスッキリしたい人や、気分を切り替えたい人、ここ一番の大勝負!というシーンで飲むのが良いと思います。

もう少し炭酸を強めにしたらより美味しくいただけるような気がしました。

あとがき

一般的に売られているエナジードリンクとはやや一線を画す、やや大人向けの硬派なエナジードリンクといった商品です。

エナジードリンクは甘すぎる、もっとドライにスッキリとしたものを飲みたい方にはおすすめかもしれません。

ぜひ気になった方はご賞味ください。

関連記事