人事のつぶやき

【現役人事推奨】OfferBoxの企業スカウトを爆上げする方法をお伝えします

人事部きゅうぞうです。

このブログ記事は以下のような就活生におすすめです。

悩む就活生
悩む就活生

オファーボックスを始めてみたけれど、

企業から全くスカウトが来ない・・・

どうしたらいいんだろう・・・。

OfferBox(オファーボックス)で企業からたくさんのスカウトをもらうにはコツが必要です。この記事では、就活生の皆さんのスカウト数を1つでも多くするためのコツをお届けいたします。

上記の画像は私の在籍している会社の実績です(就活生のオファー承認率)。OfferBox(オファーボックス)を運営している会社(i-plug)から超驚かれる実績を上げており、21卒採用からマイナビ・リクナビを利用するのを止めたくらいです。

また総合職採用はGMARCH以上の学校群を対象としており、20名ほどの学生を採用しています。

そんなOfferBox(オファーボックス)は私がメインで使っており、企業担当者の中でもかなり使い込んでいる自信があります。そんな私目線で企業からスカウトを受けやすい学生の特徴やコツをお届けいたします!

きゅうぞう
きゅうぞう
ご参考いただけますと幸いです。

OfferBoxの企業スカウトを爆上げする方法をお伝えします

結論を言ってしまうと、これに尽きます。

とにかく写真が重要!

ほかにも重要なポイントはあるのですが、一番重要なのは写真です。

きゅうぞう
きゅうぞう

企業からスカウトを受けるための

重要なポイントを順番に解説していきます。

プロフィール写真はとにかく重要

企業から見える就活生の検索結果画面

必ずプロフィール写真は載せておくようにしましょう。

ピーク時にはOfferBox(オファーボックス)の登録者は10万人近くになります。その膨大な数の就活生の中から、企業が「スカウトしよう!」と思わせるには文字より写真のイメージがなにより重要となります。

プロフィール画像をアップしていないと・・・

プロフィール画像をアップしていないと、上記画像の赤枠内の謎の白抜き人物となってしまいます。いくらプロフィールがしっかり書き込まれているとは言え、こんな就活生をスカウトしようとは思いません。

企業人事も暇ではないので、繰り返しになりますが、就活生を一覧で見て「この学生だ!」と思わせるにはプロフィール写真が超重要です。

きゅうぞう
きゅうぞう
プロフィール写真を載せる載せないの違いで、スカウト数は変わってくるでしょう!

こんな写真は嫌だ

また、使用する写真は基本的になんでもOKなのですが、使うのを止めておいた方がよい写真の一例をご紹介します。

・自分が写っていない写真(背景、物、ペット、アイドル、アニメキャラなど)

・集合写真で誰が本人なのかわからない写真

・暗い表情や、怖い表情の写真

・遠すぎて顔が全くわからない写真

・目が大きいなどの加工された写真

オファーボックスを放置しない

OfferBox(オファーボックス)は就活生のログイン日(時間)を企業側で見ることができます。

上記画像のように、2週間もログインしていない就活生をスカウトしても返事が返ってこない可能性が高いので、こういった就活生は間違いなくスルーされます。

そのため、アカウントを作っての放置は厳禁です。就活中は都度ログインする事をおすすめいたします。

希望は具体的に書く

OfferBox(オファーボックス)は就活生の希望条件をアピールすることができます。この条件をしっかり入力しておくことで、見当違いのスカウトを防ぐことができます。

ただ注意しておきたいのが、たまに「まだ決まっていない、わからない」というのを志望業界・志望業種・志望勤務地全てに入力する就活生がいるので、止めておいた方が賢明です。

希望が全く決まっていない学生を企業が相手にしたところで、時間の無駄なるケースが多く、スカウトされない事が多いです。企業としたら、採用に結びつきそうな就活生にスカウトを送るのが普通です。

会いたいは積極的に使おう

企業は就活生に対して、「検討しているよ!」というアピールをすることができます。「+検討する」ボタンをクリックすると、就活生に以下のような通知が届くようになります。

検討中に追加された企業に、就活生が「会いたい」を送るとスカウトが届きやすくなります。

就活生が「会いたい」を送ってくれると、企業の管理画面の検討中リストにフラグが立つようになります。

すると学生のプロフィール画面の左上に、「会いたい」とマーキングされるようになります。つまり相思相愛という事で企業もスカウトを送ると、就活生の承諾率が高まるのでスカウトが送りやすくなります。

きゅうぞう
きゅうぞう
「会いたい」を積極的に利用するとスカウトがよく届くようになりますよ!

文章は短く、人間味を出そう

OfferBox(オファーボックス)では、無理にエントリーシートや履歴書っぽく堅苦しい「だ・である」調の文章でアピールしないほうが良いです。

私は・・・・だ。

なぜなら・・・である。

「だ・である」調の方が、簡潔でわかりやすく説得力がありますが、OfferBoxではどちらかというと、人間性などを評価してスカウトしている企業が多く、もうすこしやわらかく親しみやすい文章の方がウケが良いです。

ただそうなるとダラダラと長い文章になってしまう事が多く、企業側としては丁寧に読み込む時間が無いので、コンパクトな文章にまとめる意識で書くことをおすすめします。

まとめ

OfferBox(オファーボックス)は、就活生と企業のお見合いサイトみたいなものなので、写真がとにかく重要です!写真には気を付けましょう!

OfferBox(オファーボックス)の登録はこちら