レビュー・感想

超名作!シューティングゲーム ファミコン 「コナミ ツインビー」を紹介します!

人事部きゅうぞうです。

この記事はファミコン時代のコナミが大好きなおっさんによる、名作シューティングゲーム「ツインビー」を紹介するという記事となっております。

ツインビーを知らない人は新たに知っていただくきっかけとなれば嬉しいですし、ファミコンコア世代の人には懐かしんでいただけますと幸いです。

【名作30選】コナミリリースのファミコンレアソフトを勝手にランキングにしてみた! 人事部きゅうぞうです。 今回はコナミから発売された「ファミコン・ディスクシステム」のレアソフトを私の主観で、入手困難順にラ...

シューティングゲーム ファミコン 「コナミ ツインビー」を紹介します!

ツインビーの大きな特徴としては、2つ挙げられます。

1.キャラクターデザイン、世界観がかわいい

2.2人同時プレイができる

ファミコン初期の頃のシューティングゲームと言えば、宇宙を題材としている事から背景自体が真っ黒であったり、シュールなサウンドの作品が多く、ちびっ子だった私にとってみればシューティングゲームはとっつきにくいゲームでした。

ツインビーはそんな苦手意識を全て吹っ飛ばしてくれた作品だと言えます。

基本スペック
タイトル ツインビー
ジャンル 縦スクロールシューティングゲーム
メーカー コナミ
発売日 1986年1月4日
売上本数 約100万本
ゲーム画面のツインビーの拡大

このツインビーはなんと約100万本も売れた超ヒット作品!結果、ゲーム内に登場する自機ツインビーはコナミを代表するキャラクターとなり、続編のリリースはもちろん、コナミの色々なゲームに登場する事となります。(グーニーズ、コナミワイワイワールド、パロディウス、対戦ぱずるだま・・・など)

パッケージデザイン

コナミのファミコンの初期パッケージとしてはおなじみ、オレンジを基調としたデザイン。

今でこそ何十人同時プレイは当たり前ですが、当時のシューティングゲームで2人同時プレイができるというのは画期的でした。

当時のちびっ子達を興奮させた「スピードくじ」が当時のコナミ作品には付いておりました。

表面
裏面

スクラッチカードで出たりんごの得点を集めて、コナミに送るとオリジナルグッズがもらえるというものでした。私の周りではオリジナルグッズを持っている友人は誰一人いませんでした。

パッケージ裏面

当時としては、このツインビーのパッケージ裏面のゲーム画像を見ただけで興奮したものです。

カセット正面
カセット裏面

説明書

説明書表紙

宇宙歴2801年ドンブリ島の住民は平和な毎日を送っていた。ある日、この島に伝わる宝の玉を狙って、スパイス大王率いる軍隊が現れ、島ごと占領してしまった。この宝の玉は、大王直属の4人の将軍に分け与えられ島を4つに分けて統轄させた。

住民達はなすすべもなかったが、島のはずれに住む一風変わった科学者シナモン博士は、大王をやっつける為ユニークな戦闘機ツインビーとウインビーを造り上げた。彼は住民達の気持ちを2人の息子に託し、それを受けた兄弟は深い信頼を胸に大王に立ち向かった。

当時この文章を読んでも「?」な感想でした(笑)

操作方法
パワーアップの仕方

・イエローベル・・・ボーナス得点

・ブルーベル・・・スピードアップ

・ホワイトベル・・・ツイン砲

・レッドベル・・・バリア

・ピカピカベル・・・分身

 ゲーム紹介

タイトル画面

ブルー基調のタイトル画面。

ゲーム画面

雲を撃つとパワーアップのベルが出てきて、ベルを撃つと色が変わります。

ベルを撃ちすぎると、途中からパワーアップベルの色が黄色から変わらなくなり、さらに打ち続けるとハチに大変身!

敵の弾に当たると、自機の腕が故障してしまい地面への弾が打てなくなってしまいます。

そんな時は、サイレンと共に現れる物体に触れると回復することができます。

ボス戦

ツインビーはかわいいデザインとは裏腹に、敵の攻撃がエグいのが特徴です。

難易度としてはやや高め。。。シューティングに慣れていない人じゃないと、苦労するでしょう・・・。

2Pプレイ

2P同時プレイは、ツインビー(青)とウインビー(赤)の共同プレイ。2P同時プレイではNPCが勝手に動いてくれる仕様ではなく、誰かしらプレイヤーの操作が必要となります。ツインビーの醍醐味と言えば2P同時プレイなため、ボッチプレイヤーにとっては辛い仕様となっております。

なお2つの機体が重なる事ができないので、相撲のように押し合うようになってしまい、敵機に押し込むという荒技を使う事で友人を破壊することができるので、それが原因でケンカに発展するといったこともツインビーの良い思い出。またツインビーとウインビーが手をつなぐと、強烈な弾を撃つことが可能となります。

あとがき

コナミのツインビーいかがでしたか?

色々なゲーム機のアーカイブでツインビーは遊ぶことができると思いますので、ぜひ気になった方は遊んでみてくださいね。

それでは!