レビュー・感想

ドロッと濃厚な豚骨の旨味を感じよ!マルちゃん「ラーメン凪BUTAO(豚王)」を実食!

人事部きゅうぞうです。

マルちゃんでおなじみの東洋水産より発売されております「ラーメン凪 BUTAO(豚王)」を食べてみましたので、本ブログでは実食口コミレビューをお届けいたします!

▲ラーメン凪といえば、濃厚ながらもクセのない激ウマ豚骨ラーメンが売りのラーメン店。カップラーメンの側面にラーメン凪BUTAO神田店が描かれておりました。

このラーメン凪BUTAOのカップラーメンは、実店舗店主の生田悟志さんが監修されております。

ドロッと濃厚な豚骨の旨味を感じよ!マルちゃん「ラーメン凪BUTAO(豚王)」を実食!

▲カップラーメンのフタには後入れの特製スープの袋が圧着されております。

▲別添の特製スープの袋をはがすと、ラーメン凪BUTAOのロゴが登場。

▲豚骨ラーメンファンには嬉しい3拍子!早い!かたい!細い!

商品詳細

商品名 ラーメン凪 BUTAO TONKOTSU RAMEN
発売日 2020年7月20日
購入価格 220円(税抜)
購入場所 コンビニ「ローソン」
エネルギー 433kcal
たんぱく質 12.2g
脂質 22.0g
炭水化物 46.5g
食塩相当量 5.7g
ビタミンB1 0.39mg
ビタミンB2 0.43mg
カルシウム 371mg

豚骨ラーメンはカロリーが高いイメージがありますが、このラーメン凪のカップラーメンは比較的カロリーが低いような印象を受けます。

開封

▲フタを開けると、多量の粉末スープに覆われた具材と麺が登場。

調理

▲お湯を入れて約2分後に特製スープを入れて完成となります。特製スープはドロッとした黒色のもの。

実食

▲完成しました!見た目はまさにTHE豚骨ラーメンといった感じ。

▲スープはかなり粘度の高いドロッとしており、ザラっとした舌ざわりのスープはかなり本格的に感じました。

やや塩分がつよく後味はもたつきますが、逆にそれが豚骨ラーメンっぽくも感じます。塩分や舌ざわりだけで言うと、まさにラーメン店で食べているかのようなスープという感じではありますが、旨味がどうしてもパワー不足でカップラーメンの限界を感じてしまいました。

お好みでニンニクを追加してもアリかもしれません。

▲麺は角切りの油揚げの極細麺。この手の麺は序盤だけバリカタで、後半はバリヤワというパターンが多いのですが、この麺はそこまでヘタれることが少なく、最後までかた麺で美味しく食べられました。

あとがき

カップラーメンながら、なかなか本格的な豚骨ラーメンでした。

ラーメン凪ファンの方、豚骨ラーメンファンの方、一度食べてみてはいかがでしょうか?

ごちそうさまでした!!