レビュー・感想

【売上TOP10】ファミコンディスクシステムの歴代売上TOP10をまとめてみた【レビュー】

人事部きゅうぞうです。

今回は、ファミリーコンピューターのディスクシステムにて発売されたソフトの歴代売上TOP10を記事にしてみました。どうぞお楽しみください。

そもそもディスクシステムとは

そもそもディスクシステムとは何かというと、1986年2月21日に任天堂から発売されたファミリーコンピューターの周辺機器。当時ファミコンカセットのROM容量の限界や、販売価格高騰の問題点を解消すべく任天堂が世にはなったのが「ディスクシステム」です。

ディスクカード(ディスクシステムソフト)は発売当時のファミコンカセットのROM容量の約3倍の容量を有し、価格は3000円前後と安い。またゲーム販売店の店頭に設置されていたディスクライターで1タイトル500円で書き換えすることができた。さらには当時のファミコンソフトはセーブ機能が無く、ほとんどのゲームがパスワードで記録していたのに対し、このディスクシステムはセーブ機能が搭載されていたのもヒットの要因となりました。

しかしディスクシステムが発売した1986年に、高容量のファミコンソフトが多数発売され、翌年の1987年にはバッテリーバックアップ機能が搭載されたファミコンソフトも発売されるなど、ディスクシステムはどんどん衰退していくこととなってしまいました・・・。

きゅうぞう
きゅうぞう
長い読み込み時間も原因のひとつでしょうか・・・

ハード自体は444万台の大ヒットとなったわけですが、上記の理由から「ファミコン」は知っているけれど「ディスクシステム」って何?という人も少なくありません。

 

結果、ディスクシステムよりリリースされたタイトルは199タイトル、ソフト総売り上げ数は5,339万本。この記事ではその中からTOP10をお届けいたします!

第10位 ゴルフUSコース

タイトル名 ゴルフUSコース
メーカー 任天堂
発売日 1987年6月14日
ジャンル ゴルフ
売上本数 56万本

すでに発売されていたゴルフJAPANコースの続編で、システムや操作等はファミコンから発売されているゴルフがベースとなっている。

前作のゴルフJAPANコースより難易度は高いコースが収録されていた。なおディスクファックスを利用した第二回ファミリーコンピュータゴルフトーナメントが行われ、のべ77,820人が参加した。

ディスクファックスとは

店頭に置かれていたディスクライターと似たような形状の筐体で、ユーザーが持っているディスクカードをディスクファックスに読み込ませることで、様々な大会に参加を行うことができたもの

第9位 謎の村雨城

タイトル名 謎の村雨城
メーカー 任天堂
発売日 1986年4月14日
ジャンル アクション
売上本数 61万本

謎の村雨城は和風イメージの正面見下ろし型のアクションゲーム。

一見ゼルダの伝説のような画面で似たような印象は受けますが、ゼルダの伝説のような謎解き要素は無く、硬派なTHEアクションゲームといったところ。

使用されているBGMが素晴らしかったり、シンプルな操作方法で誰でも楽しめるアクションゲームだったにも関わらず、ディスクシステムでは他同様のゲームがシリーズ化されている中、この謎の村雨城がシリーズ化されなかったのは本当に残念です・・・。

第8位 ゴルフJAPANコース

タイトル名 ゴルフJAPNコース
メーカー 任天堂
発売日 1987年2月21日
ジャンル ゴルフ
売上本数 74万本

ゴルフJAPANコースは、ファミコンの「ゴルフ」の操作方法をほぼそのまま踏襲しており、続編といってもおかしくないと個人的には思っています。

前述のディスクファックスを利用した、スコアの全国ランキングトーナメントが開催された、青色ディスク第一弾です。ファミコンのゴルフの操作方法がそのまま踏襲されていますが、追加要素としてスイングの「スピード」選択が可能になったことと、インパクトの中心幅がクラブによらず一定となりました。

第7位 メトロイド

タイトル名 メトロイド
メーカー 任天堂
発売日 1986年8月6日
ジャンル アクション
売上本数 104万本

主人公のサムスを操作し、惑星ゼーベス内で未知の生命体「メトロイド」を倒すのが目的のゲーム。

最初のうちはアクションや攻撃が貧弱ではありますが、ステージ内のパワーアップアイテムを取ることで成長していきます。

なお時間でクリアするとエンディングでサムスがパワードスーツを脱ぎ、なんと!正体が女性であることが明らかになります。

第6位 光神話 パルテナの鏡

タイトル名 光神話 パルテナの鏡
メーカー 任天堂
発売日 1986年12月9日
ジャンル アクション
売上本数 109万本

主人公ピットを操作し、メデューサを倒しエンジェランドを取り戻すのが目的のアクションゲーム。アクションは縦スクロール、横スクロール、シューティングと様々なバリエーションがある。

縦スクロールのアクションはアイスクライマー方式で、一度登ってしまうと落ちたらミス判定となってしまいます。

ゲームオーバー時の画面は、真っ暗に「ヤラレチャッタ」の文字だけが浮かび上がるというシュールなもの。

よくニンテンドー3DSで続編が出たものだなぁと思ったものです。

第5位 プロレス

タイトル名 プロレス
メーカー 任天堂
発売日 1986年10月21日
ジャンル プロレス
売上本数 142万本

プロレスは6人のキャラクターから1人を選択し、シングルマッチで勝ち抜いてチャンピオンを目指すという内容。シンプル操作でサクっと遊べ適度な難易度で、ユーザーを夢中にさせました。

主人公ともいえる「ファイターハヤブサ」のエンズイギリがとにかく強かったのは良い思い出。

相手と組んでからボタン入力する事で技を出すシステムは、以降のプロレスゲームのベースとなりました。ファイヤープロレスリングのベースとも言われています。

第4位 リンクの冒険

タイトル名 リンクの冒険
メーカー 任天堂
発売日 1987年1月14日
ジャンル アクションロールプレイング
売上本数 161万本

パッケージやタイトル画面でもわかるように「THE LEGEND OF ZELDA2」と表記してあり、ゼルダの伝説の続編となっています。

前作のゼルダの伝説は、見下ろし視点のアクションゲームですが、このリンクの冒険は横視点のアクションゲームであり、経験値でレベルアップするといった要素が導入されていて、ゼルダの伝説とは大きく異なるシステムとなっています。

ややぬるっとした主人公の動きという事もあり、アクションゲームにある程度慣れていないと上手く立ち回れないといった上級者向けなゲーム。

第3位 ゼルダの伝説

タイトル名 ゼルダの伝説
メーカー 任天堂
発売日 1986年2月21日
ジャンル アクションロールプレイング
売上本数 169万本

8つに分かれた知恵のトライフォースを集め、世界を支配しようとする大魔王ガノンを倒すといったストーリー。

ゲームは見下ろし型のアクションゲームで、ゲーム中のアイテムやハート等を取得する事で主人公は成長していく。またフィールドや洞窟には謎解き要素があるものの、比較的簡単に解けるものばかりで適度な難易度。

第2位 バレーボール

タイトル名 バレーボール
メーカー 任天堂
発売日 1986年7月21日
ジャンル バレーボール
売上本数 198万本

ファミリーコンピュータ初のバレーボールゲームであり、操作方法やシステムは完成度が高く、しっかりとしたバレーボールゲームが楽しめる。

第1位 スーパーマリオブラザーズ2

タイトル名 スーパーマリオブラザーズ2
メーカー 任天堂
発売日 1986年6月13日
ジャンル アクション
売上本数 265万本

ファミコンの爆発的ヒットとなったスーパーマリオブラザーズの続編。

上記説明書にもあるようにスーパーマリオブラザーズのパラレルワールド的立ち位置のゲームとなっている。

スーパーマリオブラザーズ2の大きな特徴といえば難易度の高さ。しまいには毒キノコというアイテムがあるほど。

操作方法やシステム等は前作のスーパーマリオブラザーズと同じで、ステージだけが鬼畜になっています。スーパーマリオブラザーズやアクションゲームに自身がある人は挑戦してみては?

あとがき

ディスクシステム売上TOP10いかがでしたでしょうか?

ディスクシステムのソフトは意外に名作が多いのですが、「ディスクシステム」を用意しないと遊べないのが難点です。ファミコンは互換機が多いのですが、ディスクシステムはありません・・・。

ぜひ機会があれば、買って遊んでみてくださいね!