youtube

YouTubeの動画投稿でモチベーションが下がった時の対処法

きゅうぞうと申します。

YouTube運営において、とにかくモチベーションはつきものです。毎日地味で単調な作業をコツコツと続けていく必要がありますし、すぐに結果が出るわけでもなく、モチベーションの乱高下が激しいのがYouTube運営だといえます。

このブログでは、そんなYouTube運営においてモチベーションが下がった時の対処法についてお伝えいたします。

YouTubeの動画投稿でモチベーションが下がった時の対処法

YouTubeに対してのモチベーションが下がってしまい、投稿頻度が落ちて、結果動画投稿を止めてしまった人は少なくありません。

色々なチャンネルを見ていると、投稿本数が50本前後、100本前後といった時にモチベーション低下が発生してしまっているようです。せっかくこれだけの動画を投稿しているのに、これでYouTubeを止めてしまうのは本当にもったいない事です。

ぜひこの記事を参考にYouTubeを続けて頂きたいと思います。

きゅうぞう
きゅうぞう
 それではご紹介していきます

数字を追いすぎない

YouTubeでモチベーションが下がっている人の多くが、数字を追い過ぎてしまい、自分が思うような結果が出ないとなると、結果としてモチベーションが下がってしまっています。

よくTwitter上で、登録者が50人いったとか100人いったとか報告されている人がいらっしゃいますが、そういった人はこの現象に陥りやすいです。

数字を意識し始めるとキリがありません。上には上がいるので、終わりが見えなくなってしまいます。

数字は自分に対してのわかりやすい評価であり、自分の承認欲求を満たす効果がありますが、反動が大きすぎるので数字を意識し過ぎるのは危険です。

定量的な数字を意識するのではなく、「良いコメントをもらう」といった定性的なものに変換していくのをおすすめいたします。

違うことをやる

全く違う趣味を始める・・・とかそういうことではありません。別の事に本気になりだすとYouTubeを止めてしまう危険があります。

YouTubeチャンネルに関連した違うことに注力することをおすすめします。YouTubeに紐づいたSNSやブログに注力をしてみたり、サブチャンネルを開設してダラっとした動画を投稿するのもアリだと思います。

同じことだけを継続していくのは大変です。息抜きとして別の事をやってみると、下がったモチベーションが上昇しやすくなります。

課題をすり替える

YouTubeで再生回数が伸びないのは、自分のせいではありません。YouTubeのアルゴリズムのせいです。テストで100点を取れないのは勉強していない自分のせいですが、YouTubeで1万再生させるかは「動画」というよりは「YouTubeのアルゴリズム」の問題です。

自分がいくらがんばっても1万再生されるかはわかりません。しかし、わかりやすいテロップを入れてみたり、バックBGMのボリュームを下げたり、不要箇所をカットしたり・・・といった自分ができる努力はまだまだあります

自分ができる課題にフォーカスを当ててみてはいかがでしょうか。

休む

別に毎日投稿をする必要はありません。毎日投稿しないからと言って罰せられることもないですし、YouTubeの評価が悪くなるということもありません。

モチベーションが下がったなら思い切って休みましょう。

ただし、休みだすと再開が面倒になりますので、期限を決めるといったスケジュール管理が重要になります。

まとめ

手を完全に止めてしまうと、YouTubeを止めてしまうことになりかねません。

考え方を変えたり、違うことをやるなどして続ける努力が必要です。

おしまい!