youtube

無名の素人がSNSで頑張ってもYouTubeの登録者は増えない話

きゅうぞうと申します。

結論から申し上げますが、Twitterのフォロワーを3000人にしたところで、YouTubeのチャンネル登録者は増えません。Twitterのフォロワーが1万人もいるのに、YouTubeのチャンネル登録者数が300人とか普通の光景だったりします。

SNSとYouTubeは一見同じようなモノだと思われがちですが、性質が全く異なるのでSNSだけをがんばっても意味がありません。

YouTubeのチャンネル登録者を無理に増やすと痛い目をみます きゅうぞうと申します。難易度が高いゲーム系のYouTubeチャンネルで、3か月でチャンネル登録者2000人を達成しました。 ...

無名の素人がSNSで頑張ってもYouTubeの登録者は増えない話

TwitterからYouTubeへの送客は難易度が高いと思ってください。バズツイートを連発したとしても増えません。

▼参考動画

TwitterのユーザーでYouTubeの面白い動画を探している人はほぼ皆無です。そのためTwitterからYouTubeの動画を見てくれる可能性は極めて低いと思ってください。

Twitterユーザーが冷やかし程度に動画を数秒見られる事になると、逆にYouTubeからの評価が悪くなってしまいます(視聴維持率が低くなる)。

TwitterはあくまでYouTubeの送客目的としての広告運用ではなく、別の動き方の運用をした方が良いかと思います。

Twitterのフォロワーはチャンネル登録者数が伸びたら増える

扱っているチャンネルのジャンルにもよりますが、YouTubeのチャンネル数と再生数が伸びてくれば、それに比例してフォロワーもジワジワと増えていきます。

例えばヒカキンで言うと、動画以外の違う一面・情報が見たいという理由でSNSをフォローしていきます。つまりTwitter上で無理にフォロワーを増やすより、動画制作に気合いを入れてYouTube自体を伸ばしていけば、Twitterのフォロワーもおのずと増えていきます。

まとめ

TwitterといったSNSからのYouTubeへの恩恵は少ないと思ってください。

SNSの営業をしているくらいなら、動画の編集に1分1秒時間を充てたほうが有益です。

ということでおしまい!