家のこと

【レビュー】アンパンマン わんぱくライダーを1歳2か月の娘に乗せてみた

人事部きゅうぞうです。

我が家の1歳2か月の娘が、6歳の息子のストライダーに憧れ始めたようで、同じような乗り物を娘にも与えようと思い「アンパンマン わんぱくライダー」を購入してみました。

今まで1歳2か月の娘に、これまで乗り物と言う物を与えておらず、生まれて初めての乗り物に彼女はライドするわけですが、いったいどんな反応をするのでしょうか?

これは楽しみです。

さっそく「アンパンマン わんぱくライダー」をご紹介いたします。

 【レビュー】アンパンマン わんぱくライダーを1歳2か月の娘に乗せてみた

乗り物と言うだけあって、箱はけっこう大きいですが、重くはありませんでした。

箱裏面

このアンパンマンわんぱくライダーは組み立て式となっており、一部ビスが使われておりますので、プラスドライバーが必要となります。音や光といったギミックはありませんので、電池を入れることはありません。

組み立て方はたった3工程で誰でも簡単にできる印象があります。

組み立ててみました

開封すると、中から出てきたものは「乗り物のパーツが3つ」と「お客様相談室行のはがき」の4つが入っておりました。説明書が無いようで、一瞬組み立て方は?と考えてしまいましたが、箱の裏面に書いてある「組み立て方」が説明書代わりといったところでしょうか。

まずは本体に前輪軸を差し込みます。力は全くかけずにスムーズにハメることが可能です。

スムーズにハマり過ぎてしんぱいでしたが、隙間はないようでグラついたりといった事はありませんでした。

ハンドル部の接合部にビスが取り付けられており、このビスでガッチリと固定するようですね。

プラスドライバーでしっかりと固定します。

あっさり完成しました!組み立ては3分程度だったと思います。おもちゃの組み立て等が苦手な女性の方でも簡単だと思います。立体的なアンパンマンがかわいいですね!

なお本体部に描かれている、かわいいアンパンマンのキャラクター達はシールなので気を付けないと剥がれてしまいます。(強く圧着されておりますが)

後ろには持ち手。タイヤは幅広で硬いプラスチックの材質で、体重が20kgほどある息子が乗ってもビクともしませんでした。

ハンドルの可動域は狭いです

さすがは小さい子供向けだけあって、ハンドルの可動域はかなり狭いです。上記画像はハンドルを左右共にいっぱいにきったところです。

とにかく軽い!

6歳の息子に「アンパンマン わんぱくライダー」を持たせてみました。なんと片手で軽々持つではありませんか!重量は1kgちょっと、といったところでしょうか?

1歳2か月の娘が乗ってみた

どうやら立体的なアンパンマンが気になって、走行ところじゃなくなってしまいました(笑)タイヤが幅広の3輪なので、歩き始めた娘でもけっこう安定して乗ることができました。

・・・でも調子に乗ると転んでしまいました・・・。

8歳のお姉ちゃんと楽しく遊んでおりましたよ♪

ちなみに乗っていても、「ガーガー」といった走行音がうるさいという事はあまり感じませんでした。

まとめ

アンパンマンわんぱくライダーは以下の点でおすすめだと言えます。

1.とにかく軽い

片手で持てるレベルの軽さなので、公園に持って行ったりするのが楽々です。

2.組み立てが簡単

ドライバーを用意するのが少々面倒なだけで、組み立ては超簡単です。

3.立体的なアンパンマンがキュート

アンパンマンの乗り物で、立体的なキャラクターが付いているものが少ないのですが、これはおすすめですね。

4.以外にも丈夫

激しく乗ったり、投げつけても壊れる様子がありませんでした。

アンパンマンわんぱくライダー、いかがでしたでしょうか?

この乗り物の対象年齢は1歳6か月と、我が家の1歳2か月の娘はまともに乗れず少々早かったかもしれませんが、かわいいアンパンマンに釘付けでとても癒されました。

ぜひお子さんの初めての乗り物に、アンパンマンわんぱくライダーはいかがでしょうか?