レビュー・感想-雑貨

【使用レビュー】ポンプ式歯磨き粉!?REACH(リーチ)ポンプ式歯磨きを使ってみた

人事部きゅうぞうです。

ハブラシなどでおなじみのREACH(リーチ)から新しい歯磨き粉が発売されました!なんとこの歯磨き粉の大きな特徴としましては「ポンプ式」だという事です。

普通の歯磨き粉ってチューブ式ですよね。ポンプ式ってどんな感じなのでしょうか・・・。

それではご紹介いたします。

REACH(リーチ)ポンプ式歯磨き 使用レビュー

歯磨き粉にしてはスタイリッシュなデザインとなっております。ボトルは固めですので、中身が少なくなっても変形する事はないと思います。内容量は180g。

REACH(リーチ)ポンプ式歯磨きは、「グリーングレープ」「レモンミント」の2種類のラインナップとなっております。フッ素配合で、防腐剤・色素は使われていないようです。

完全着色されたボトルなので、残念ながら歯磨き粉の残量はわかりません。

 

▼REACH(リーチ)ポンプ式歯磨きは約120回使用できるとの事。※1回の使用量を1.5gとした場合

一人で毎朝・毎晩使用したとして、60日分という計算ができます。けっこうたっぷり使えますね!

 

とにかくオシャレである

このREACH(リーチ)ポンプ式歯磨きは、とにかくオシャレ過ぎる歯磨き粉です。

洗面所に何気なく置いてあるだけでもカッコいいです。家中をオシャレアイテムで統一したい方には是非ともおすすめしたい歯磨き粉だと言えます。またオフィスで使っても良い感じですね。

▼サイズ感は画像の通りです。ペットボトルとチューブ式の歯磨き粉と並べてみました。

歯磨き粉を使ってみた

ポンプ部はやや小さめのデザイン。女性の方が使われる際は、化粧品と間違えないようにしたいところです。

歯磨き粉はジェルタイプ。力を入れずに軽く押すだけで簡単に歯磨き粉が出てきます。歯磨き粉は白濁色。

ポンプの押す強さで出てくる量の調整が可能です。ポンプを最後までギュッと押してしまうと、下記画像のようにハブラシにベッタリと歯磨き粉が付いてしまいますので気を付けましょう。

歯磨き粉はジェルタイプですので、ハブラシにジェルを乗せた後はすぐに歯を磨きましょう。待っているとジェルが垂れてきてしまいます。

使ってみた感想

まず口に入れた瞬間、ジェルタイプという事もあって「あれ?薄いかな?」と思ってしまいます。しかしハブラシを動かしていくとその心配も一瞬で吹き飛びました。

シャカシャカとハブラシを動かしていると、かなり早い段階で泡がたってきます。そして爽やかなミント風味に加え優しい甘さの「グレープ・レモン」が口いっぱいに広がっていきます。先に感じていた「薄い」という印象は全くなくなりました。※通常の歯磨き粉と比べると味付けが薄めです

そして歯磨き粉としては全く辛くなく、やや甘め。甘さ・辛さの具合は2商品ともそこまで変わりありません。グレープかレモンか、味のお好みで2商品から選んで買うと良いと思います。

またジェルタイプですので、口全体にまんべんなく歯磨き粉が行きわたっている感覚で、口をすすいだ後も歯磨き粉が口に残っている感が全くありません。これは感動しました!

REACH(リーチ)ポンプ式歯磨きの良い点(メリット)

私なりの良い点(メリット)だと思ったところをまとめてみました。

チューブ式歯磨き粉と比べると衛生的

ポンプを戻せばジェルが止まるので、ハブラシを抽出口に付けずに済みます。そしてチューブ式歯磨き粉はフタが汚くなりがちですが、ポンプ式は全く汚くなりません。

家族や恋人と別の歯磨き粉を使っていた方、これで解消できますよ!

力加減が楽で量の調整が簡単

チューブ式歯磨き粉は微量を出すというのが難しいのですが、このポンプ式であれば楽に微量を出す事ができます。

ハミガキが時短になる

チューブ式の歯磨き粉と比べると、ハミガキの時間が確実に短くなります。時短のポイントは下記の通り。

・チューブ式歯磨き粉のフタ(キャップ)を開ける時間の短縮

・チューブを絞る時間の短縮

・歯磨き粉に水を浸ける時間の短縮(人による)

・歯磨き粉が口に残りにくいので、かるくすすぐだけでサッパリする

歯磨き粉にしてはオシャレでカッコいい!

意識高い系の人はぜひ買ってください。

ハブラシが汚れにくい

ハブラシと歯磨き粉を使っていると、ハブラシのブラシ部の根元が白く汚れてきませんか?

このREACH(リーチ)ポンプ式歯磨きは、ジェルタイプで水にサラっと流れますのでハブラシが白く汚れるといった事が起きにくいです。

洗面台が汚れにくい

下記画像のように、よく洗面台ボウルに歯磨き粉が落ちてしまう事ってないですか?

歯磨き粉を洗面ボウルに落としてしまうと、こびりついたりしてなかなかキレイになりません。なお、ジェルタイプであれば水を流すだけで即キレイになります。

REACH(リーチ)ポンプ式歯磨きの悪い点(デメリット)

私が実際に使ってみて、気になった点をまとめてみました。

ゴミが大きい

チューブ式は使った後は小さくして捨てることができますが、固いボトルのこの商品はコンパクトに捨てる事ができません。

他の容器と間違えて使用してしまう恐れ

歯磨き粉としては見慣れないデザインですので、ハンドソープ・化粧品と間違えて使ってしまうかもしれません。小さい子どもや高齢者の方は特に注意が必要です。

外出先など持ち運びがしづらい

ポンプ式ですので、ポンプ部をしっかりしまっておかないと大変な事になります。気が付いたらジェルまみれ・・・という事になりかねません。旅行で気軽に持っていくというのは難しそうです。

通常の歯磨き粉と比べてしまうと割高感

私は1本500円程度で購入しました。これを安いか高いかは人それぞれ価値観があるかと思いますが、歯磨き粉と考えると高いと思ってしまいます。

私が日頃使用している「デンターシステマ」は100円台で買う事ができます。

今回のREACH(リーチ)ポンプ式歯磨きは、どういった人におすすめなのでしょうか?

おすすめポイントは以下の通りです。

1.歯磨き粉を衛生的に使いたい

2.洗面台もカッコよく使いたい

3.新しいもの好き

4.ハミガキタイムを少しでも時短したい

いかがでしたでしょうか?
今までチューブ式しか使った事がない私にとっては革命的な商品でした。

ぜひ気になった方は買ってみてください!超おすすめです!