家のこと

【2017年7月 明細公開】太陽光発電をやってよかった【我が家の電気事情】

こんにちは、きゅうぞうでございます。

僕は平成26年に注文住宅を建て、同時に太陽光発電にて売電を始めました。

当時、あんまり情報を公開しているブログ等もなく非常に悩みましたが、

やってほんとうによかったです。

今日は我が家の電力事情を公開します!!

明細が長い

電力会社から来た明細を見て最初びっくりしたんですが、

使用料と購入電力の明細が連結しており長いです。

f:id:kyuzoblog:20170802105943j:plain

明細がまとめて送られてくるので、比較しやすくわかりやすいですね!

我が家の電気使用料

我が家はオール電化にしており、7月の使用料はこんな感じ。

f:id:kyuzoblog:20170802105956j:plain

家族構成:5人(私、妻、母、子2人)
エアコン設置台数:4台

日中はあまりエアコンを使わず、夜は毎日ガンガン使っています。

家中の照明はLED、大型白物家電は家を建てると同時に購入。

安い月で7,000円、高い月で15,000円といった具合です。

気になる売電は?

我が家の太陽光の出力は10.0kwの全量買い取り。

7月は天気がそこそこ良い日が多くがんばって発電してくれました。

f:id:kyuzoblog:20170802105950j:plain

結局お得なの?

設置を悩んだのがまさにここですが、断言します、

間違いなくお得です!!

10kw以上の設置だと、20年間の売電期間が発生します。

つまり、20年間太陽光発電による収入があるということ。

初期費用は当然かかりますが、毎月の使用料金を売電分が上回りますので、

毎月の光熱費の出費を抑える事ができます。

回収は可能か?

f:id:kyuzoblog:20170802112917j:plain

ちなみに、太陽光設置にかかった費用は約200万円でした。

超単純計算してみるとこんな感じです。(間違っていたらすみません。。。)

f:id:kyuzoblog:20170802120626j:plain

このように超単純計算上だと余裕で回収可能です。
あとはいかに初期費用を抑えるかで変わってきますね☆

まとめ

初期費用はかかってしまいますが、毎月の出費が抑えられるのでなんとなくお得感がありますし、
回収後はウハウハです。

個人的には、太陽光パネルが乗る屋根であれば乗せるべきだと思います。

デメリットとしては・・・

①初期費用が高い

②売電制度がいつなくなってしまうかわからない

③故障時のメンテナンス

今日はこのへんで!またレポートしたいと思います。