人事のつぶやき

ヘッドハンティング?受けたことあるよ? ヘッドハンターに会ってみた話

こんにちは!きゅうぞうでございます。

f:id:kyuzoblog:20170810135807j:plain

ヘッドハンティングってご存知でしょうか?

まぁ言えば、優秀な社員の「引き抜き」ですね。私は優秀でもなんでも無いビジネスマンなのですが、そんな私でもヘッドハンティングされた事があります。今日は私の経験による記事です。

どこから連絡が来るの?

まず、どういったところから連絡(スカウト)を受けるかです。これはほぼ全てと言っていいほど仲介会社が存在し、その担当者から連絡が来ます。直接企業が引き抜きなんかしたら、大きな問題になり兼ねません。そのため、仲介業者はスカウト元(転職先)の企業名は易々と教えてくれません。

主な仲介会社はこんな感じ。

・ヘッドハンター(個人)

・ヘッドハンティング専門の会社

・人材紹介会社 

記録を残さないように、文書・メールでは先ず連絡はきません。電話連絡がほとんどです。

電話の内容は?

ヘッドハンター「山田ですが、○○さんいますか?」

・・・と、個人名で会社にいきなり電話してくるケースが多い。中にはアンケートに答えて頂きたいので、取り次いでほしいと連絡が来たりもする。

スカウトについて

これについては色々なパターンがある。

①企業からのオーダー

f:id:kyuzoblog:20170810143901j:plain

・競合他社の情報、技術を欲しいための引き抜き

→具体的な企業名かつ個人名の依頼 等

・単純に自社強化のため、優秀なマネジメント層を引き入れたい

→上場企業の総務部長

→医療領域を得意とする証券アナリスト 等

 ②紹介会社の登録者稼ぎのため

f:id:kyuzoblog:20170810144153j:plain

・スカウト元は無く、人材紹介会社の登録者稼ぎのため

→スカウト元からのオーダーは無いが、登録させてどこかの会社に転職させてやろう的なやつ

私が受けたヘッドハンティング

実際に私が受けたヘッドハンティングはこんな感じでした。

※以下共通して電話で呼び出され、会社近隣のファミレスにて

※以下ヘッドハンター「

①企業からのオーダーパターン

「競合の株式会社○○という会社から、人事責任者のオファーが来ている」

「現年収以上の提示をするから来てほしい」

こんな感じでした。競合とは名刺交換をしていた事もあったので、私に直接オファーが来たのでしょうか?

②紹介会社の登録勧誘

「きゅうぞうさんに、良い会社への転職をお手伝いしたい」

「これまでどういったキャリアを積まれてきたのか教えてもらえますか?」

「後日、弊社の登録シートをお送りしますので返送ください」

求人サイトで私の名前でも見て、連絡してきたんでしょうね。

 

あとがき

自分にスカウトが来るのは嬉しいものです。みなさんも人生経験の一つとしてスカウトが来たら会ってみるのもおもしろいかもしれませんね。