ブログ

Youtubeに1年間アップしてわかった。Youtuberはやらない方が良い

f:id:kyuzoblog:20171013171421p:plain

人事部きゅうぞうでございます。

私はYoutuberを目指してYouTubeに動画をアップしたことがあります。1、2本とかではなく約50本ほど。Youtuberとして頑張ろうと1年ほどその活動を続けた結果、自分なりの気づきがありました。

結論、お金儲けのためにYoutuberはやらないほうが良いです。

※補足:お金を稼ぐ目的で、初心者の人が今からYoutuberを始めない方が良いです

なぜ動画をアップしようと思ったか

私がYoutuberを目指したきっかけは、当時4歳の娘と2歳の息子の「やってみたい」の一言からでした。

私の子どもが赤ちゃんの時から、YouTubeを見せていたのですが、そこに出ていたKan&Aki’sCHANNELに出ていた2人のお姉さん(かんなちゃん・あきらちゃん)の影響が大きかったみたいです。

我が家ではあまりテレビを見る事がほとんどなく、子供達にとっての芸能人・スターがこの2人だったわけです。

ソニー生命の調査によると「中学生の将来なりたい職業ランキング」ではYoutuberは上位に食い込んでいます。それだけYoutuberというのは子供達に強い影響力を与えています。子供がやりたいというのは納得です。だってみんな楽しそうなんですもの。

引用:www.sonylife.co.jp

動画撮影の準備

今思えば皮算用もいいところでした。。。動画をYoutubeにアップさえすれば、数十万の再生数を簡単稼げると完全に勘違いしていました。

動画をYoutubeにアップするだけで「ガッポガッポ儲かるわ」「子どもは楽しいわ」と楽しいイメージだけが先行し、ワクワクする気持ちで準備を始めたのを覚えています。

今となっては、良くしっかりと調べてからやるべきでしたね・・・。

購入した物

すぐ回収できるだろうから、初期投資は少し高くても問題ないだろうと甘くみてました。なかなかお金かかりました。。。

今思えば、普通にスマートフォンで撮影すればよかったなと。

▼私のAmazonの購入履歴

f:id:kyuzoblog:20170901094940j:plain

動画編集ソフト「パワーディレクター」は本当におすすめです!操作が簡単で覚えやすいですし、けっこうサクサク動くのでおすすめ。

動画の内容は?

子どもがやりたいと始めたYouTube。当然我が家の4歳の娘と2歳の息子が主役です。

主な動画の内容

・子ども向けおもちゃで遊ぶ様子

・おもちゃで遊んでみた感想

まぁよくあるレビュー系の動画で、主役が子供というわけです。

そこで問題が生じました

主役は4歳と2歳の子ども。

当然ながらおとなしくカメラの前に居てくれるわけがありません。途中ケンカを始めたり、飽きてどこかへ行ってしまったり、グズって泣き始めてしまったりで、とにかく撮影は大変で仕方ありませんでした

そのため、10分程度の動画を撮影するのに最低1時間もかかる事が普通でした。

慣れない編集にも時間がかかる

当時は10分のYoutubeの動画を作るのに、以下の作業で2時間くらいはかかっていました。

  • 動画の不要な部分のカット、結合
  • アクション、効果音、音楽の挿入
  • サムネイル作成

さらにはネタ探しにも時間を取られたりで、1週間で自分の空いた時間全てYoutubeで頭がいっぱい。毎日動画の事ばかりを考えており、それ以外は何もできずにおりました。

一応これでも当時としては、そこそこのクオリティだったと思っています。

更新頻度は?

1週間に最低2本はアップしていました。働いている自分にはこれが限界でしたね。

結局儲かったの?

私の1年間の成果は約10,000円でした。f:id:kyuzoblog:20170927124815p:plain

初期費用、動画に掛かる手間を考えると、決して良いパフォーマンスでは無かったと思っています。時給換算したら恐ろしいことになります。アンケートサイトでコツコツ頑張った方がコスパは良いです。しかし収益が出ている分、これでもまだマシかもしれません。

儲かっていない人は本当に儲かっていないんです。

以後半年放置していたら合計20,000円くらいの収益を得ることができました。

なお現在では、2017年に行われた規制により下記に該当しないと広告を付けることができず収益化ができなくなっております。

  1. チャンネル登録者数1,000人以上
  2. 年間再生時間4,000時間以上

1年がんばってYoutubeに動画を上げ続けても、チャンネル登録者数が1,000人超える保証はありません。チャンネル登録者数を増やすのは本当に大変なんです。

1年間以上無給でがんばる覚悟はありますか?

チャンネル登録者数

Youtuberを始めるまで全くわからなかったのですが、Youtubeの動画再生数はチャンネル登録数に比例するといっても過言ではありません。例えば、私がカップラーメンを食べる動画を上げても再生数は当然伸びませんが、ヒカキンがカップラーメンを食べれば余裕で100万回動画が再生されるわけです。

Youtubeではチャンネル登録者数がなによりも大切です。どんな内容の動画でも、チャンネル登録者数が多ければそれなりに再生されるわけです。おもしろい動画の内容・企画を考える前に、チャンネル登録者数を増やす努力や営業がそれ以上に必要となります。

なお私のチャンネル登録者数は1年で300ちょっとでした。以後半年放置で500まで増えていました。

わたしが行った営業活動

・他チャンネルにコメント

・Twitter

・ブログ

・Google+

YouTuberのメリット・デメリットは?

Youtuber1年間やってみて、私なりに感じたメリット・デメリットをまとめてみます。

メリット

動画・画像編集技術が身に付いた

仕事でも画像・動画を扱う事が多く、アウトソースしないで自己完結できる事が多くなりました。

動画撮影技術が身に付いた

後々の編集しやすい撮影の仕方、視聴者側から見やすい撮影方法がわかるようになりましたので、子どもの運動会などでは活用できそうです。

まぁまぁ楽しかった

正直、良い人生経験になりました。色々勉強もしましたし、この経験がこのブログへ原動力にもなっています。時々子ども達がまたやりたいと言う事もあります。

デメリット

お金と時間がかかる

想像以上にお金と時間を要します

中途半端にやろうとするとお金も時間も無駄になります。本気でやっても成功は難しいかもしれない・・・それがYoutuberです。技術・センスだけでなく「運」の要素もかなり大きいです。

YouTubeの視聴者の鬼のようなコメント

Youtubeのコメント欄、とにかく辛辣なコメントがバンバン来るのでとにかく萎えます。厳しいコメントの書き込みを見るのが嫌いな人は気を付けた方が良いですね。

・・・でもアクセスを増やすためにはコメント欄があった方が良いんですが。。。

お出かけが楽しくなくなってしまった

どこへ出かけるにもカメラを持参。

子どもが遊び始めると撮影し、お出かけの目的が動画撮影となってしまい、子どもとのお出かけを楽しめずにいました。旅行でも同じような感じでした。今はカメラがなくなって純粋に子どもと楽しめています。

あとがき

売れっ子YouTuberを目指すには6つの重要な事があります。

1.アイデア

動画コンテンツのアイデアを考える事がなにより重要。人と同じような内容では、「あ、見た事あるなコレ」って飽きられてしまいます。

2.技術

撮影技術と編集技術がとても大切。内容がそこまで面白くなくても、編集技術でめちゃくちゃ面白い動画に変える事だって可能です。

そして自分が出演するのであれば、トーク技術も求められます。「あー」とか「えー」といった言葉を頻発していると、ユーザーは動画を見ていて苦痛になります。

3.時間

企画を考える時間、動画を撮影する時間、動画を編集する時間・・・。動画にかける時間を毎日2時間程度は必要となります。

4.お金

全部0円で動画アップはできますが、いつかは限界が来て投資が必要になってきます。ここでいう投資は、機材・編集ソフト・企画に係る資材・旅費交通費等です。

5.忍耐力

成功するためには、とにかく動画の事を毎日考え続けなければなりません。また、地味な編集作業がつきまといます。片手間では絶対成功しない世界です。そして気合い入れてアップした動画が低評価・辛辣なコメントがバンバン付きます。ストレスがとてもかかります。

6.運

動画がたまたまヒットする事が有り得ます。ピコ太郎だって、たまたまジャスティンビーバーの目に留まって大ブレイクしました。Youtuberとしてのヒットは運も重要な要素のひとつです。

Youtubeってもう完全なレッドオーシャンなんです。既にYoutube内のコンテンツのモデルが出来上がっており、何か動画をアップしても完全に二番煎じの後発組となります。要するにどんな動画をアップしても、すでに誰かが同じような動画を絶対にアップしているという事です。

先発組のアイデア・質などを凌駕する自信が無いなら最初からやらない方が無難です。逆にマニアック過ぎる動画をアップしても、ニーズが無いので見る人がいないわけです。

単なる自己満足の情報発信目的ならいいですが、儲けたいという方には厳しい現実が待っています。

「俺にも、私にもできるかな?」程度で始めると確実に失敗します。死ぬ気でやっても成功しないかもしれない、それがYoutuberです。

今からYouTuberになるのには絶対におすすめしません。

▼参考動画「Youtuberとして成功する確率が判明!」