人事のつぶやき

【準備が決め手】就職活動のはじめ方、やる事、する事まとめ【必要な物、自己分析、企業分析、いつからはじめる?就活】

f:id:kyuzoblog:20171127111634p:plain

人事部きゅうぞうです。

今回は3月からスタートする、就職活動解禁に向けた「準備」の記事です。

 

就職活動の情報は、小手先のテクニックばかりが取り上げられがちです。

しかし一番大切なのは「準備」する事だと私は思っています。

私が会ってきた「できる学生」のほとんどは「準備」をしっかりしてきた学生達です。

そこで今回は就職活動の「準備」について、まとめてみました。

身なりを整える

f:id:kyuzoblog:20171127113411p:plain

まずは、就職活動をするための身なりを整えましょう。

髪の色を戻す、カラーコンタクトは外す

髪の毛を明るくしている人は、黒い色に戻しましょう。

髪の色が明るいだけで、落としてくる企業はけっこうあります。

(あ、こいつは勉強もしないで遊んでいるな)

・・・など、髪の明るさはマイナスなイメージを連想されやすいです。

髪の色が明るい人はすぐに戻しましょう!

ファッション性が高い色のカラーコンタクトも止めましょう。

 

▼ドラッグストアでは売っていないところも多い、1日だけ黒髪もどしスプレー。 

友達にやってもらったほうが上手くいきます。

GATSBY (ギャツビー) ターンカラースプレー ナチュラルブラック 60g

GATSBY (ギャツビー) ターンカラースプレー ナチュラルブラック 60g

 
GATSBY(ギャツビー) ターンカラー ナチュラルブラック 1剤35g 2剤70mL (医薬部外品)

GATSBY(ギャツビー) ターンカラー ナチュラルブラック 1剤35g 2剤70mL (医薬部外品)

 

就活グッズ、アイテムを揃える

f:id:kyuzoblog:20171127120922p:plain

これが無いと就職活動は始まりません。

持っていない方は、就職解禁までに間に合うよう手に入れましょう。

f:id:kyuzoblog:20171201084217p:plain

 就活に便利な「必要グッズ」がセットになっている便利グッズもあります。

モバイルバッテリーは大容量がおすすめ。

就職活動サイトに登録する
f:id:kyuzoblog:20171127121424p:plain

就職活動サイトは、少なくとも「マイナビ」「リクナビ」の2サイトは登録しておいた方が良いです。

この2つを登録しておけば、大体の求人企業をカバーする事ができます。

 

なお、会員登録は就職活動解禁後では遅いです!

就活解禁直後に、説明会が「即満席」という企業だってあります。

あらかじめ事前登録して、すぐにエントリーできるよう準備をしておきましょう。

余裕があればおすすめしたい求人サイト

マイナビ・リクナビに登録後、まだ管理するのに余裕があれば以下サイトをおすすめします。

アイデムが運営している新卒サイトなのですが、個人的に超おすすめです。

一般的な求人サイトとは異なり、逆求人型就活サイトなんです!

学生のプロフィール等を企業が見て、企業から学生にアプローチをする、というおもしろいスタイルの就活サイトです。

そのため、学生が企業に「応募(エントリー)する」という概念はこのサイトにはありません。

 

f:id:kyuzoblog:20171127122534p:plain

※イメージ図

おすすめな理由は、企業からのアプローチなので、内定率が高いというところにあります。

とりあえず、どこの会社でもいいから「内定が欲しい」という方にはおすすめします。
私の会社でも、このジョブラスを利用して1名採用した実績があります。

自己分析をする 

そもそも、なぜ就職活動で自己分析が必要なのでしょうか?

 

大きな目的は、企業から内定をもらうためです。

 

内定をもらうためには、選考試験を通過しなければなりません。選考試験を通過するためには、エントリーシート・面接対策をしなければいけないんです。

なお、それらの選考試験では、あなたの事を細かく聞かれます。

 

自分の強みや弱点を理解していますか?

自分がどういう人間か、相手に説明できますか?

 

自分の事だから、なんとなくは理解していると思います。・・・でもそれを言葉にするのってなかなか難しい。。。

あなたの強みって何ですか?

ん~~わからないですね・・・

あなたが人事担当者なら、こんな学生採用しますか?

だから自己分析が必要なんです。

自己分析のやり方 

f:id:kyuzoblog:20171127125051p:plain

自己分析のやり方のポイントは、「深堀り」をしていく事です。

特に面接では、学生の回答に対して「なぜ?どうして?」と、どんどん深堀りされて聞かれます。

例:好きな食べ物は?
⇒なぜ好きなのか?
⇒好きになったきっかけは?
⇒逆に嫌いな食べ物は?
⇒嫌いな食べ物が目の前にあったらどうする?

そのため、こちらも「深堀り」をして自己分析をしていけば良いわけです。 

 

エントリーシートや面接では、上記のような好きな食べ物は聞かれません。

聞いたところで、意味が無いからです。

 

聞かれることは、あなたが今までどう生きてきたか?

その中で「どういう風に考え」「どう行動してきたか」を聞かれます。

それをもとに、自社で活躍できる人かどうかを人事担当者が判断するわけです。

 

では具体的に、どのように自己分析を進めていけばいいのでしょうか。

自己分析の進め方

簡単な手順をまとめます。

1.小学校から現在に至るまで、教育課程での経験を振り返ります。

2.当時の考え・感情・行動などを、「なぜ?どうして」と深堀りしながらまとめていきます。 

小学校時代
1.一番がんばった事
⇒なぜがんばれたのか?

2.一番大変だった事
⇒なぜ大変だったのか?
⇒どうやって乗り越えたのか?
⇒結果、学んだ事や成長はあったか?

過去の経験を洗い出すだけで、自分の「長所・短所・行動のクセ」が見えてくると思います。最初から自分の長所を考えるよりは、過去を振り返るのが一番早いです。

 

あとは、親や友人に自分の事を聞くこともおすすめします。

第三者からの意見の方が正しい場合もあるかもしれません。また、客観的に自分を知っているという事は、面接時にけっこう評価されやすいものです。

 

自分のしてきた「行動」に、「なぜ?なんで?」と考えてみましょう。

 

自己分析は、自分の過去の振り返りだけで良いと思います。

より詳細に対策をしていきたい方は、本を買う事をおすすめします。

あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析

あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析

 

就職活動の軸を決めておく

f:id:kyuzoblog:20171127141052p:plain

行き当たりばったりに、就活をしても絶対上手くいきません。

 

何を作るかを決めずに、包丁を持つようなものです。おいしい料理ができません。

行き先を決めずに、航海に出るようなものです。遭難しちゃいますよ。

 

」とは、自身の就職活動の方向性を決めるもので、絶対必要なものです。

軸を決めると、より具体的なエントリーシート・面接対策が考えやすくなります。

軸の決め方は、「業界」「職種」「待遇・福利厚生」「有名企業か否か」「会社規模」といった中で、自分の優先順位を考えてみるといいでしょう。

f:id:kyuzoblog:20171201084515p:plain

軸を決めておくと、就活サイトでの企業検索もグッと楽になりますよ!


「会社四季報」業界地図 2018年版

「会社四季報」業界地図 2018年版

 
日経業界地図 2018年版

日経業界地図 2018年版

 

企業分析をしておく

f:id:kyuzoblog:20171127152949p:plain

企業分析は、選考が進むにつれて行えばよいのですが、「志望業界」がある程度決まっている方は、企業分析を早々に行っても良いと思います。

企業分析の方法は以下の通りです

 

1.業界内での位置づけ

2.企業の特徴

3.企業の課題

 

正直これだけでも十分なのですが、より詳細に分析したい方は「SWOT分析」を用いると良いでしょう。

SWOT分析(-ぶんせき、SWOT analysis)とは、目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人のプロジェクトベンチャービジネスなどにおいて、外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つである

SWOT分析 – Wikipedia

 実店舗がある会社は見学してみる

f:id:kyuzoblog:20171127153359p:plain

金融・小売・外食業界などを希望している人は、実店舗を見学してみるのをおすすめします。

おすすめポイントの1つ目として、自分の抱いていたイメージと相違がないか確認ができます。

一番のチェックすべきポイントは、そこで「働いている人」です。なぜかと言うと、そこで働いている人が、未来のあなたかもしれないからです。

 

おすすめポイントの2つ目は、面接で聞かれる可能性が高く、回答次第では相当な加点に繋がるという事です。

・いつ見学したか

・どこの店舗を見学したか

・感想(良い点、悪い点⇒自分なりの改善案)

・質問

以上を回答できるようにしておきましょう。

利用者目線だけではなく、利用客に注目するなど企業側目線で見るという事も重要です。

企業の商品、サービスは利用しておく

志望企業のリリースしている商品・サービスは、必ず利用しておきましょう。

面接で、聞かれるかもしれませんよ。

メーカー志望だったら、商品カタログを取り寄せても良いかもしれません。

 

補足ですが、お酒が飲めないからといって、酒造メーカー・ビールメーカーに入れないという事はありません。

お酒が飲めない営業マンもいるんですよ。

スケジュールの事前調整

f:id:kyuzoblog:20171127152544p:plain

就職活動中は、会社説明会や面接の予定が突発的に入ってきます。

アルバイトのシフトは夜だけにしたり、旅行の予定を入れないようにするなど、事前調整をしておきましょう。

貯金をしておく

就職活動中はとにかくお金が必要となります。

会社説明会・面接など・・・特に交通費がかなりかかりますので、注意しておきましょう。

勉強をする

エントリーシート対策、筆記試験対策、面接試験対策の勉強はしておいた方が良いです。

ネットだけの情報だと限界がありますので、各専門書を買っておくことをおすすめします。

 

内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版 2019年度 (高橋の就職シリーズ)

内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版 2019年度 (高橋の就職シリーズ)

 
主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2019年度版】

 
同時に対策!エントリーシート&面接 2019年入社用 (スマート就活)

同時に対策!エントリーシート&面接 2019年入社用 (スマート就活)

 

まとめ

就職活動は「準備」をどれだけしたか?で結果が変わってきます。

準備は早いに越したことはないですが、遅くとも1か月前からはじめた方が良いでしょう。早い人はインターンシップで3年生の夏から動いていますので。

就職活動は本当に面倒です。でもその面倒な事をがんばった人こそ、必ず人より良い結果がついてきます。

ぜひ「準備」からがんばってくださいね!