人事のつぶやき

自分の子どもに「大学」に行くなと言ってはいけない理由

f:id:kyuzoblog:20170911092434j:plain

人事部きゅうぞうです。

自分の子どもに、以下のような事を言っては絶対にいけません。

「大学に行っても意味がないから行くな」

ネット上で大学進学のメリット・デメリットの議論が数多く交わされていますが、はっきり言って大学進学はメリットばかりで、行かないと人生の相当なハンデを追う事になります。(2018年現在の話)

大学に行く事での大きなメリット

大学進学の大きなメリットは職業選択の幅がかなり広がるということです。

誰しも名前を知っているであろう超有名企業に入社するには大卒(見込み)でないと応募すらできませんし、中小企業でも大卒以上を募集要件とする企業が増えています。

実際に高校卒業者の大学進学率は年々向上しており、企業側としては大卒者だけの応募者による母集団形成で必要数を採用できてしまうという現実があります。

f:id:kyuzoblog:20170911101825j:plain

出典:平成28年度学校基本調査(確定値)の公表について

就職サイト「マイナビ」での検索結果

では実際に就職サイト「マイナビ」にて募集要件「大卒以上・高卒以上」で、企業ヒット数がどれくらい変わるのかを試してみました。

募集対象を大卒以上と高卒以上とで、どれくらいヒット数が変わるのでしょうか。

募集要件 高卒以上

f:id:kyuzoblog:20170911095811j:plain

高卒以上で検索すると、9,060社が検索にひっかかりました。

募集要件 大卒以上

f:id:kyuzoblog:20170911095815j:plain

一方大卒以上は17,044社がヒットしました。

就職サイトの応募要件

  • 高卒以上・・・9,060社
  • 大卒以上・・・17,044社

大卒ではないというだけで、約8,000社の応募チャンスを失っているという事となります。

職業選択の幅について

極端な事を言ってしまうと、医者になるためには大学の医学部を卒業しないとなれません。高卒で医者には絶対になれません。しかし医学部を卒業した人間がフリーターになっても別に良いのです。東大卒でフリーターでも良いんです。

大学に行く最大のメリットは、自分の職業選択の幅を広げる事ができる。

これに尽きます。

スキル(技術)・コミュニケーション力・発想力・行動力が高い人であれば、高卒でも良いと思いますが、世の中そんなスーパーマンばっかりではありません。ネットや本の情報を鵜呑みにしないで、普通に大学に進学した方が絶対得です。

まだまだ現在の日本は学歴偏重社会です。大学は行きましょう!

あとがき

高校2・3年生で将来就きたい仕事が明確な人ってほとんどいないと思います。私もそうでした。。。そういった人ほど大学の進学をおすすめします。将来の目的が見つかるかもしれません。

ネットや本・雑誌などで大学に行くのは意味がないというような記事を時々目にしますが、はっきり言って無責任過ぎます。筆者がたまたまの成功者か知りませんが、その成功を他人に押し付けるのは違うかなと思うんです。

大学は絶対に行った方が良いに決まっています。職業選択の幅が大卒と高卒では雲泥の差があります。

学費が高いのがなんともですが・・・・。

ご覧いただきありがとうございました。