レビュー・感想-ゲーム

【クリスタルパックのサイズ】ファミコンソフトを袋に入れてキレイな状態で保存したい人向けの記事

f:id:kyuzoblog:20180506203234j:plain

人事部きゅうぞうです。

私はファミコンソフトを飾る目的で収集しており、外箱の劣化を防ぐために「クリスタルパック」を利用しております。しかしこの「クリスタルパック」はサイズがとても多くあり、どのファミコンカセットにジャストフィットするかが悩ましいところです。

(まぁサイズを測るのが一番早いんですけどね・・・)

細かいサイズ感を記事にしているブログ等がありませんでしたので、簡単ではありますが、本記事にてまとめてみることにしました。

なぜクリスタルパックなのか?

f:id:kyuzoblog:20180506205458j:plain

クリスタルパックとは透明袋の事なのですが、おそらくファミコンコレクターの方が一番使用しているであろう「袋」とされています。おすすめは「テープ付」。

クリスタルパックを使う利点としては下記が挙げられます。

シワになりにくく素人でもきれいに簡単に包装できる

サイズを間違えさえしなければ、不器用な人でもきれいに包装ができるかと思います。

流通が安定しているので安心

透明袋の中でも「クリスタルパック」は超メジャー商品。よっぽどな事が無い限りは終売が無いと思いますので、安定した入手が可能となります。※100均でも同様の商品が売っておりますので、安く済ませたい方は100均もおすすめ。

サイズが多種多様

クリスタルパックのサイズはとにかくいっぱいあります。ご自身の色々なコレクションに対応する袋が必ず見つかります。

商品を取り出しやすい

包装後に開封するときは、テープの継ぎ目を剥がせばすぐ商品が取り出せます。キレイにピッチリと包装したい場合は「シュリンク包装」という手もあるのですが、クリスタルパックに比べ開封がとても大変です。

それでは各ファミコンソフトに対応したクリスタルパックをご紹介いたします。

任天堂・ナムコ・ハドソン等の初期タイトル

任天堂・ナムコ・ハドソンなどの初期のタイトルには「T9.5-17」がジャストフィットします。

f:id:kyuzoblog:20180506205820j:plain

無理することなく「クリスタルパック」にファミコンパッケージを入れることができます。

f:id:kyuzoblog:20180506210207j:plain

完成はこのような感じ。端はセロハンテープで留めるなどして形を整えます。

f:id:kyuzoblog:20180506210324j:plain

任天堂銀箱・コナミ初期タイトル

任天堂の銀箱、コナミの初期タイトルなどには「T11-16」がジャストフィット。

f:id:kyuzoblog:20180506210507j:plain f:id:kyuzoblog:20180506210928j:plain f:id:kyuzoblog:20180506210932j:plain

ファミコンソフトの大半をカバーするクリスタルパック

ジャストフィットを求めないようであれば「T12-18」が一つあれば大体のソフトは収まります。なお、ジャレコ・ファミトレなどの大きいサイズのファミコンソフトは当然入りません。

f:id:kyuzoblog:20180506211100j:plain f:id:kyuzoblog:20180506211453j:plain f:id:kyuzoblog:20180506211456j:plain

銀箱とは微妙にサイズが異なりますので注意が必要ですね。

f:id:kyuzoblog:20180506211508j:plain

ナムコハードケース

ナムコのハードケースに入ったタイトルには「T13-24」がおすすめです。

f:id:kyuzoblog:20180506211643j:plain f:id:kyuzoblog:20180506211740j:plain f:id:kyuzoblog:20180506211750j:plain

特殊なナムコのハードケース

一部のナムコのハードケースのタイトルには、プラ容器で覆われたタイトルが存在します。そのタイトル群には「T13-24」では入れることができず、「T14-20」なら無理なく入れることができます。

f:id:kyuzoblog:20180506211937j:plain f:id:kyuzoblog:20180506212116j:plain f:id:kyuzoblog:20180506212119j:plain

ディスクシステム(箱ケース付)

ディスクシステムの箱付きだと、ファミコンの初期タイトル用の「T11-16」がピッタリ合います。

f:id:kyuzoblog:20180506212359j:plain f:id:kyuzoblog:20180506212747j:plain f:id:kyuzoblog:20180506212752j:plain

ディスクシステム ジャケットケース

箱(ケース)無しだと「T10-15」が良いです。

f:id:kyuzoblog:20180506212843j:plain f:id:kyuzoblog:20180506212935j:plain f:id:kyuzoblog:20180506212939j:plain

大きいソフト用のクリスタルパック

おすすめなのが「T21-21」です。

f:id:kyuzoblog:20180506213422j:plain

正直、イレギュラーサイズのソフト専用にクリスタルパックを用意するのは面倒です。そこでおすすめなのが「T21-21」です。このサイズは汎用性が高く、上記商品タイトルや「貝獣物語(ナムコ)」などの変則サイズにも対応可能です。なお上記「がんばれゴエモン」とファミトレシリーズは同じ大きさです。

※源平討魔伝は入りません。

ゲームボーイタイトルもきれいに入ります

これまでご紹介したクリスタルパックを持っていれば、ゲームボーイのソフトもきれいに包装することができます。

f:id:kyuzoblog:20180506214157j:plain f:id:kyuzoblog:20180506214310j:plain

まとめ

こだわりが強くなければ「T12-18」でほとんどのソフトが入ります。ジャストフィットさせたいのであれば、色々なサイズを用意しておくと便利ですよ!

今回はクリスタルパックのご紹介でした!

それでは!